2008年08月06日

2008年4月〜6月にお買い上げ頂いたクラシック音楽関連商品ご紹介です!−本日は気ままにCD&DVDのピックアップ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
昨日の引き続きです(http://sergejo.seesaa.net/article/104234233.html)!!

数としてはまとまっていませんが、様々な作曲家、演奏家のCD、DVD、書籍が売れて居ります。そんな中から一部ですがご紹介。

先ずはメジャーどころです。
フルトヴェングラー指揮 遺された未発表録音集(EMI 3枚組)の商品写真フルトヴェングラー指揮 遺された未発表録音集(EMI 3枚組)。フルトヴェングラーのCDも再発売、マイナー・レーベルからのリリースで訳の分からない状態ですが、どこにどう入っているのか探すと結構ややこしい小曲・佳曲の録音が詰まってます。10年ほど前に出たものですが、なかなか手に入り難い状態が長かったのでは?

マーケットプレイスなら3,000以下の価格がついています。

交響曲はハイドン94番、モーツァルト40番、シューベルト《未完成》、序曲の類で、ウェーバー《魔弾の射手》、《オイリュアンテ》、《オベロン》、シューマン《マンフレッド》、リスト《前奏曲》などなど。その他、グリュックやケルビーニだったり、似合わない(!?)シュトラウスのワルツやポルカなどなど。

アルゲリッチ独奏 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 &チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番の商品写真ピアニスト アルゲリッチのCDも幾つかありました。

一つだけ挙げますと、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 &チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番のライブ盤。レビューを見ていても、雑だ!という意見と、アルゲリッチらしく奔放、なんにせよすごい!という意見と別れていて、さもありなんと思います。

アルゲリッチについて聞き始めたいなとお思いの方は、こちらの記事をよろしければどうぞ!

・Look4Wieck.comのアルゲリッチ紹介記事
(http://look4wieck.com/w/?p=24)

DVD Glenn Gould Hereafterの商品写真最近、アルゲリッチの幼少時の録音(ベートーヴェンの1番とシューマンのピアノ協奏曲)がまた手に入るようになったようです。音質もすごく悪いですし、演奏も勿論大人の演奏者には適わないものと思いますが、結構在庫切れになることが多いので、ご興味があればこの機会に。

グールドは、やはりゴルトベルク変奏曲が出ますが、何度かこのブログでも推薦したことがあって、DVD Glenn Gould HEREAFTERが漸く!

グールド入門としても結構良いできですし、ナンにせよ面白い人ですから、話を聞いているだけでも面白いし、映像も楽しく、時に美しい。輸入盤ですが、リージョン・フリーで日本語字幕も入っていますので、ご心配なく!

*****

W.クリーン独奏 シューベルト ピアノソナタ全集 Vol.1 の商品写真GWの音楽イベントがシューベルトだったからでしょうか?ワルター・クリーンが演奏するシューベルト ソナタ全集(1組二枚ずつからなるものが全部で3組)をお買い上げの方がいらっしゃいました。私も最近これを手にしましたが、きちっとした演奏で、18曲入っていますから全集として申し分ないと思います。

収録したソナタを列挙すると、D.157, 279, 459, 537, 557, 566, 568, 575, 625, 664, 784, 840, 845, 850, 894, 958, 959, 960。

価格を言うといやらしいのですが、二枚からなる1セットがAmazon.co.jpのマーケットプレイスで1000円足らずという価格。送料入れても千数百円です。

シューベルトのソナタ全集は、アンドラーシュ・シフがちょっと苦手な方や、柔らかさが魅力なケンプの録音が全体としてちょっと夢心地すぎるなーとお思いの方もあろうかと。その場合、価格から言っても、演奏から言ってもこれがもう一つの選択肢になるかと思います。この上なく素晴らしい演奏というのでなく、ちゃんとしているという感じでしょうか?(Vol.1Vol.2Vol.3)

リゲティ: Clear or Cloudy [Box set]の商品写真その他、現代の作曲家リゲティのCD Clear and Cloudy(右がそのジャケット。渋いです!)やウクライナ生まれで北米にわたったピアニスト チェルカスキーの録音などなど。

チェルカスキーは私もちゃんと聞いたことがなくって、どんなピアニストなのでしょう?ホフマンの弟子で、長生きされて晩年まで活躍し90年代にも来日公演されていたと記憶しています。

カルロス・クライバー指揮《トリスタンとイゾルデ》の商品写真そうそう有名演奏家で忘れて居りました。カルロス・クライバー指揮の《トリスタンとイゾルデ》

これはフルトヴェングラーで聞く《トリスタン》とまた随分雰囲気が違って、霊妙とか神秘的というよりドラマテックと言っていいのでしょうか?昔ながらの演奏で聞くと、もしかすると好き嫌いが出るかも知れませんが、私はこれはこれで楽しんでいます。

クライバーでは、このブログでご紹介したリハーサルのDVDもありました。ところどころ笑ってしまったのでは?

そのDVDについては、ぜひこちらの記事をご覧下さい!

・再販された DVD《名指揮者の軌跡》シリーズを少々ご紹介!−第一巻 カルロス・クライバー《こうもり》&《魔弾の射手》
(http://sergejo.seesaa.net/article/93557116.html)

Rossini: La gazza ladra(泥棒かささぎ)の商品写真歌劇でもう一つ。

私がイタリア歌劇にまったく強くなく、ご紹介もあまりして居らないのですが、ロッシーニの中期といっていいのでしょうか?《泥棒かささぎ》がちょっと珍しいお買い物で「おっ!」と。指揮がゲルメッティ、歌手にカティア・リッチャレッリ、サミュエル・ラメイなどが挙がっていると、なんとなく良いものかなと想像されます。

紹介は出来ていない様々な作曲家や演奏家についても、Look4Wieck.comの検索頁(http://look4wieck.com/asearch.php)でお役に立つことがあろうかと思います。ぜひ日頃の探し物にご愛用頂ければ幸いです。

******

こうして挙げて行くと、いろいろあれもこれもと迷うのですが、シベリウスとバルトークのDVDがあって、これは興味深いもので、私も最近購入して中を確かめたばかりなので、また別途独立してご紹介しようかなと思います。

本日のところはここまで。

明日は書籍と番外編ですっ!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
クライバーのDVD、手元に戻って来ました!

なんべん見てもいい。
人柄がにじみ出ていますね。

様子見していましたが、「カラヤンとフルトヴェングラー」(幻冬舎)も読みました。日本人がこういう優秀なドキュメントを書けるのか、と、ちょっと嬉しかったです。。。
Posted by ken at 2008年08月07日 22:00
クライバーの女性の嘘泣きのところはほんと難度見ても笑ってしまいます。

『カラヤンとフルトヴェングラー』良かったですか!私もちょっとあれかな・・・と思って、様子見しておりました。貴重な情報ありがとうございます。
Posted by sergejO at 2008年08月07日 22:18
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104292561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。