2008年12月31日

CVLTVRA ANIMI PHILOSOPHIA EST:かるちゅーら・あにみの記事一覧!演奏家別 ピアニスト

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
クラシック音楽のお薦め曲、お薦めCD、お薦めDVD、お薦め名著などなど、広く(浅く?)のご紹介。お買い物もぜひどうぞ!


■演奏家50音別一覧 ピアニスト
演奏家の視点から記事を集めました。ピアニストのページです。


◎ピアニスト
アース,モニク / アシュケナージ,ウラディミール / アラウ,クラウディオ / アルゲリッチ,マルタ / ヴェデルニコフ,アナートリー / ウォスネル,シャイ / エマール,ピエール・ロラン / 大井浩明 / オグドン,ジョン / カペル,ウィリアム / グールド,グレン / クラウス,リリー / グリモー,エレーヌ / クルティシェフ,ミロスラフ / ケンプ,ヴィルヘルム / 小菅優 / シフ,アンドラーシュ / シフラ,ジョルジュ / シュナーベル,アルトゥール / 園田高弘 / ツェヒリン,ディーター / リパッティ,ディヌ / バドゥラ=スコダ,パウル / バレンボイム,ダニエル / ファン・オールト,バルト / フィッシャー,アニー / フランソワ・サンソン / ブレハッチ,ラファウ / ボレット,ホルヘ / ホロヴィッツ,ウラディミール / ポリーニ,マウリツィオ / ミケランジェリ,アルトゥーロ・ベネデッティ / ムーア,ジェラルド / 横山幸雄 / ラーンキ,デジュ / ラン・ラン / リヒテル,スヴャトスラフ / ルビャンツェフ,アレクサンドル / レーゼル,ペーター


アース,モニク (ピアニストの先頭に戻る)
フランスの女性ピアニスト。柔らかな音でも、構成はぐずぐずにならずきちっとした良い演奏です。フランスものの one of 1stチョイスです。


アシュケナージ,ウラディミール (ピアニストの先頭に戻る)
1962年の第二回チャイコフスキー・コンクールでイギリスのジョン・オグドンと共に優勝。その後、指揮活動の方が有名になりましたが、やっぱりピアニストと思いますっ


アラウ,クラウディオ (ピアニストの先頭に戻る)
1903年南米チリ生まれの名ピアニスト。決して手前勝手にはならないのに、アラウが弾けば音楽がなにかを語ってきます。温厚なんてことはありません!!


アルゲリッチ,マルタ (ピアニストの先頭に戻る)
1941年のアルゼンチン生まれ。1965年のショパン・コンクール優勝者にして、いまだカリスマ的人気のピアニスト。情熱的の弾き方だけでなく、時折の優しい音も。


ヴェデルニコフ,アナートリー (ピアニストの先頭に戻る)
ロシア国外の活動が赦されず半ば無名でしたが、録音が手に入り易くなって嬉しい限り!友人のリヒテルが尊敬するのも判ります。


ウォスネル,シャイ (ピアニストの先頭に戻る)
イスラエル出身、1999年エリザベト王妃国際コンクールで第4位に入賞の若手ピアニスト。


エマール,ピエール・ロラン (ピアニストの先頭に戻る)
1957年生まれのフランスのピアニスト。メシアンの妻イヴォンヌ・ロリオに師事。メシアンを筆頭にとくに現代曲で良いピアニストと思います。


大井浩明 (ピアニストの先頭に戻る)
気鋭のピアニスト!というか、奇人かも?真面目で遊び心のある公式website http://ooipiano.exblog.jp/もぜひっ


オグドン,ジョン (ピアニストの先頭に戻る)
1962年の第二回チャイコフスキー・コンクールでアシュケナージと優勝を分け合ったイギリスっぽくないピアニスト!


カペル,ウィリアム (ピアニストの先頭に戻る)
ロシア系アメリカ人のピアニスト。30歳そこそこで飛行機事故で夭折。その演奏には、「上手い」を超えた、心を掴むメッセージを感じます。


グールド,グレン (ピアニストの先頭に戻る)
カナダ出身の異端(?)のピアニスト。伝統に敢えて背を向けて、独特の解釈でクラシックの活性化を図りました。著書がまた傑作です。


クラウス,リリー (ピアニストの先頭に戻る)
ハンガリー出身の女流名ピアニスト。軽くも甘くもならない“非お菓子系”モーツァルトが今や新鮮かつ貴重です。


グリモー,エレーヌ (ピアニストの先頭に戻る)
フランスの若手ピアニスト。まだ“美人ピアニスト”としての宣伝が先行していると思いますが、これからどうなるのかちょっと楽しみです。


クルティシェフ,ミロスラフ (ピアニストの先頭に戻る)
第13回チャイコフスキー・コンクール ピアノ部門3位の方。仕草が不思議ちゃん系っっっ


ケンプ,ヴィルヘルム (ピアニストの先頭に戻る)
メカニックが弱いなどと言われるドイツの名ピアニストですが、弊ブログでは推します!モノラル録音べートーヴェン全集、シューマン、ブラームスは勿論、モーツァルトの協奏曲なども絶品です。リストやショパンもぜひ復活を!


小菅優 (ピアニストの先頭に戻る)
日本の若手ピアニストの代表格と言ってよいでしょうか?今後を楽しみにしております!


シフ,アンドラーシュ (ピアニストの先頭に戻る)
コチシュ、ラーンキと同世代のハンガリー出身のピアニスト。2008年コンサートで、アンコール一時間弾いたことに驚きでした


シフラ,ジョルジュ (ピアニストの先頭に戻る)
ハンガリー出身の超絶技巧ピアニスト。後、フランスに亡命し、そこを中心に活躍。リストと言えば、シフラです。


シュナーベル,アルトゥール (ピアニストの先頭に戻る)
1882年、オーストリア出身のピアニスト。バックハウスやケンプとほぼ同世代。ベートーヴェンのピアノソナタ全集を初録音。表の顔では古典派・ロマン派の名手と賞賛されながら、私生活ではいわゆる現代音楽を作曲していたという人物。


園田高弘 (ピアニストの先頭に戻る)
戦後日本を代表したピアニスト。ぜひその録音を聴いてみてください!私はびっくり&感服致しました。


ツェヒリン,ディーター (ピアニストの先頭に戻る)
1920年生まれ、ドイツ ライプツィヒ音楽院に学んだディーター・ツェヒリン。伝統的な演奏といいましょうか。派手さはないのですが、良いピアニストと思います。


バドゥラ=スコダ,パウル (ピアニストの先頭に戻る)
1927年ヴィーン生まれのピアニスト。楽譜資料の検討・考察に熱心で、著書も多数。楽器への探求も同様で、より真正なる響きを求めて、比較的早い時期からフォルテピアノを採用。多数の録音がありながら、現在、手に入り難いのが残念です。


バレンボイム,ダニエル (ピアニストの先頭に戻る)
今や指揮者として著名なバレンボイム。べートーヴェン マスタークラスのDVDはほんとにおすすめです!


ファン・オールト,バルト (ピアニストの先頭に戻る)
スタンリー・ホッホランドに学んだ後、1986年、モーツァルト・フォルテピアノ・コンペティションで優勝、その後、マルコム・ビルソン Malcolm Bilsonに師事したフォルテ・ピアニスト。ぜひその響きをお楽しみください。


フィッシャー,アニー (ピアニストの先頭に戻る)
ハンガリーの女流名ピアニスト。知的かつ伝統的でありながら、大変ダイナミックで詩情豊かな音楽を作ります!


フランソワ,サンソン (ピアニストの先頭に戻る)
1924年生まれ、1970年に早世したフランスの異端のピアニスト。フレージングといい、リズムといい、大変ユニークで好きになったら、虜になります!


ブレハッチ,ラファウ (ピアニストの先頭に戻る)
2005年のショパン・コンクールに優勝した地元ポーランド出身のピアニスト。今どき大変丁寧に弾く人と思います。


ボレット,ホルヘ (ピアニストの先頭に戻る)
キューバ出身でアメリカで活動したピアニスト。世間に認められるのが遅かったのですが、今現在は特にリリシズム溢れたリストの名演奏などで知られています。


ホロヴィッツ,ウラディミール (ピアニストの先頭に戻る)
ロシア出身のピアニスト。ヴァイオリンのミルシテインとともにアメリカに亡命して、大活躍。


ポリーニ,マウリツィオ (ピアニストの先頭に戻る)
1942年のイタリア出身のピアニスト。1960年ショパン・コンクールに優勝。なにがあろうと、1970年代〜80年代前半の録音はすごいと思います!


ミケランジェリ,アルトゥーロ・ベネデッティ (ピアニストの先頭に戻る)
細部まで磨き上げた演奏をするイタリア出身の名ピアニスト。完璧に固執するスピード狂。シューマンやドビュッシー他、名演が多数です。


ムーア,ジェラルド (ピアニストの先頭に戻る)
伴奏専門に大変成功したイギリス出身のピアニスト。名歌手フィッシャー=ディースカウとの録音が特に有名です。


横山幸雄 (ピアニストの先頭に戻る)
現在日本の代表的ピアニスト。テクニックは卓抜で、よく考えられた演奏ながら、ほんとに自然でただただ聴いてしまいます。


ラーンキ・デジュ (ピアニストの先頭に戻る)
コチシュ、シフと並んでハンガリーの三羽ガラス(?)といわれたピアニスト。バルトークなど素直な良い演奏と思います。


ラン・ラン (ピアニストの先頭に戻る)
彼の表現力に解釈のバックボーンを要求しないとラン・ランさんの将来にかえって悪いのでは・・・生意気申しました!


リパッティ,ディヌ (ピアニストの先頭に戻る)
ルーマニア出身の夭折のピアニスト。優しくて強いというのはこういう人を言うのでしょう。知性と感性の見事な調和。


リヒテル,スヴャトスラフ (ピアニストの先頭に戻る)
ロシアの20世紀の大ピアニスト。独学でピアノを学びいきなり名教師ネイガウスの弟子に!音の迫力、霊妙さ、優しさのどれもが素晴らしいっ


ルビャンツェフ,アレクサンドル (ピアニストの先頭に戻る)
第13回チャイコフスキー・コンクール ピアノ部門3位の方。ユナ・サーマン似なのです。


レーゼル,ペーター (ピアニストの先頭に戻る)
旧東ドイツ出身。ロシアに留学経験もあります。丁寧な解釈と演奏で、全般的に分析的/客観的と思わせますが、中堅の良い演奏者。



******

今後とも

Look4Wieck.com(るっくふぉーヴぃーく・こむ)

ならびにこのブログ

CVLTVRA ANIMI PHILOSOPHIA EST:かるちゅーら・あにみ

を宜しくお願い致します。

では!

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。