2008年10月28日

東京オペラ・シティ レイフ・オヴェ・アンスネス ピアノ・リサイタル 2008年10月27日

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

昨晩は、レイフ・オヴェ・アンスネスのピアノ・リサイタルに言って参りました。

プログラムは、

  • ヤナーチェク:《霧の中で》
  • シューベルト:ピアノ・ソナタ第19番 ハ短調 D.958
  • ドビュッシー:前奏曲第1集・第2集から何曲か抜粋
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2 《月光》

アンコールで、

  • ドビュッシーの前奏曲から、《アナカプリの丘》
  • ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第13番の3rd & 4th楽章
  • スカルラッティのソナタの491番でしたか、、、ロビーに掲示されていましたが失念致しました。

あまり楽しく思わなかったので、その点、正直に書く内容はネガティヴです。「素人のたわごと」とご容赦ください。また、ここで言い過ぎるのもなんだなぁと、別所に同じことを書いて練習したので、重複になる点もご容赦ください。

*****

かくなる次第で(?)、あっさりと参ります。全体的にはそこそこまとまりよく、思い切りのよい面もありますが、いろいろ問題があるのかな・・・と。

タッチの多様さもあまり感ぜず、シューベルトの単調さは、専門家でないのでよくわかりませんが、ペダルの使い方もあるのかな、、、と。もっと判りやすいところで、早いパッセージなどかなり雑。ベートーヴェンの《月光》では和音にまったく気をつかって居らず、音の物語は主旋律だけ。また、響きが変に濁ることも。第二楽章もわかりやすいところでは、変奏的といっていいのか、似たような音型での、スタッカートをつけたりはずしたり、裏打ち気味に変えたり、といった面白さも感じず・・・

そもそもアンスネスについては、TVやCDで幾つか演奏は聴いていて、「ちょっと持ち上げられ過ぎかな・・・」とは感じていました。昨晩の演奏だと、もうちょっと出来る人だろうにとも思うほど。調子なり虫の居所が悪かったのか、どうなんでしょう?

シューベルトが始まってから途中退出された方も、数名いらっしゃいました。あれはトイレとも思えず、、、空席が目立っていたのもなんとなく気になるところです。

そんな演奏会でした。

では!

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108734553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。