2008年12月01日

プレゼントにいかが? − 2008年12月は弦楽四重奏団を中心に! vol.1 DVD 2枚組 ボロディン弦楽四重奏団

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

クリスマスに年末年始も近づきました。プレゼントにいかが?の季節です。過去の記事は

http://sergejo.seesaa.net/article/107124786.html#present

にまとめているので、ぜひどうぞ。

この季節は大事です。。。独り身の皆様には、浮かれた世間に屈せず孤独を養う好機!! プレゼントを贈る相手のいらっしゃる皆様には、プレゼントと称して自分が見たいもの、聴きたいものを贈りつつ、相手をクラシック音楽に誘うという重大な時期。

DVD ボロディン弦楽四重奏団(2枚組)の商品写真相手が直ぐに手に取ってくれなくても構いはしません、、、いつか「!!」と感じる時があり、贈った相手と別れてもその先の誰かが手に取ることでしょう。ここで迎合して、あまりに手に取り易いものを渡すのも如何なものか、、、良いものであれば、誰にでも面白いものなのだと敢えて言ってみたいと思うものであります。

かくなる次第で、今日から一週間くらいですか、ちょこちょこおすすめを書いて行こうかなと。

今年2008年の12月は、弦楽四重奏団を中心にした室内楽で推薦です。

このジャンルは、管弦楽ではともすると迫力に呑まれて気づき難いクラシックの面白さを教えてくれる好ジャンル。日本の住宅事情を考えると、ステレオのボリュームをある程度上げても問題にならずに、ソロ演奏では得られない合奏の楽しさを味わえます。

かくなる次第で、本日の第一回は。上に写真&リンクもあります

おすすめDVD ボロディン弦楽四重奏団 コンサート/マスタークラス (2枚組)

ボロディン弦楽四重奏団(リンク先はLook4Wieck.comの記事で簡単に略歴・おすすめCDなどご紹介しております)はご存知の通り、半世紀に亘って第一線で活躍を続けているロシアの名弦楽四重奏団。

このDVDの発売元は、株式会社アイ・ヴィー・シー。仕様を箇条書きしますと、

  • 時間:本編115分 + 104分 カラー(昔日の映像に一部白黒あり)
  • 言語:ロシア語
  • 字幕:日、英、仏、独、西、伊、(一部のみ)露
  • All RegionのNTSC

つまり、日本仕様のDVDプレイヤーで問題なくご覧になれるので、ご安心を!

このDVDは、弦楽四重奏団ものとしては本当によく出来ています。2枚組は、DVD1がコンサート、DVD2がマスタークラスという構成ですが、メイン部分も素晴らしい内容ながら、付録特典が豊富!!

DVD ボロディン弦楽四重奏団(2枚組)の商品写真DVD1の特典は、20分のリハーサル風景に、メンバーへの数分ずつのインタビュー、ボロディンSQの略歴やポスター画像集。そもそも、メインのコンサート風景が楽屋裏を映していて、ちょっとしたメンバーとのやり取りもまた面白いものです。

DVD2の特典は、結成時からメンバーであるチェロのベルリンスキーの語る30分の思い出話(奥さんも登場!)に、マスタークラスの教え子インタビュー、ボロディンの弦楽四重奏曲2番を弾いた昔日の映像(8分強)に、リヒテルとの共演の映像(5分弱)などなど。

これならばボロディンSQのファンには、垂涎といってもおかしくないものですし、マスタークラス、そして、ベルリンスキーの思い出話は、広く室内楽ファンに訴える内容だと思います。室内楽は元より、弦楽四重奏にあまり興味がなかった方も、マスタークラスで音楽を作る様子を垣間みて、ベルリンスキーの話に弦楽四重奏団をはじめた気概を知れば、必ずやその魅力に虜になるものかと。

ぜひ、このDVD ボロディン弦楽四重奏団 コンサート/マスタークラス (2枚組)をお手にどうぞ!

*****

さて、ここから先は、どんな内容かもう少し細かくご紹介しましょう。少々ネタバレありますので、ご注意を(大したことはないと思います)。

ボロディン弦楽四重奏団 コンサート/マスタークラス (2枚組)の中身詳細

DVD1:コンサート篇

  • 曲目は、ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第2番 Op.68、ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第8番《ラズモフスキー 第2番》Op.59-2。そして、アンコールでベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番 Op.130のプレスト。会場は、モスクワ音楽院ホールで、2000年9月23日ライヴ映像。
  • 演奏中一つ些細なことですが、ハプニングあり。
  • コンサートの前後舞台裏まで出て来て、そこでの会話にメンバーの個性が出ますし、一番若いヴィオラのナイディンがちゃら〜く髪を撫で付けている横で、ベルリンスキーが「あそこの演奏なんだけれど、、、」と始めるのがなんだかおかしいです。私は以前旅行でこのホールに行ったことがあって、「こういうところだったなぁ」と思い出すこともありました。
  • 付録のリハーサル映像は、この曲を実際に演奏された方には面白いものかも知れません。私には、ちょっと断片的過ぎて、なんともでした。
  • 関係者インタビューにはバシュメットなども出てきますが、短くてなんともでしょうか。メンバー・インタビューは、「実はあいつは〜」なんて面白い爆弾話などはありませんでした。←なにを期待しているのだと、、、

DVD2:マスタークラス篇

  • 生徒さんは、1995年結成で、日頃ベルリンスキーに師事しているドミナント弦楽四重奏団。20代の女性だけの四重奏団。奇麗な人ばかりです。今も活動されているのでしょうか?
  • 今回映像で、指導するのはベートーヴェン 弦楽四重奏曲第4番とショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第8番の二曲。全部で90分ほどで、これはほんとに素晴らしいです。
  • 手抜きなしです。ベートーヴェンの出だしから、ベルリンスキーがメンバーに指摘し、考えを促すように進めます。この指摘の一つ一つで、どうメンバーの音楽が変わるかは、ぜひぜひぜひご覧下さい。過去、弦楽四重奏団のマスタークラスや練習風景を映したDVDには、スメタナ弦楽四重奏団のもの(輸入盤ですが、日本語字幕あり)アルバン・ベルク四重奏団のものがありますが、それらを凌駕する内容です。これは100%の自信を持って、そう言えます
  • ベートーヴェンでは全四楽章、細かい指導が収録されています。くどいようですが、本当に感動ものです。ベルリンスキーの指導内容は勿論、メンバーへの接し方も何も関心しっぱなしでした。弦楽器を嗜まれる方なら私よりもっと面白く感じるのではないでしょうか?
  • スコア ベートーベン 弦楽四重奏曲集 (2) 第4,5,6番の商品写真
  • 試しに一つ、二つ、書いてみようと思いましたが、いま見直していると、ベルリンスキーの教えは留まることがなく、表情記号をどう取るか、響きの調整、タイミングの取り方、かつての第一ヴァイオリン ドゥビンスキーがどれほど細かく指使いから検討したか、それは何故か、弓のどこを使うべきか等々、なんともしようがない豊富さです。片手にスコアがあるとより楽しめるかと思います。
  • 先輩名団体 ベートーヴェン弦楽四重奏団がいかに仲が悪かったかの滑稽話。真意はちゃんとメンバーが話し合うことが合奏の基本ということでした。ここで、お茶目なチェロ奏者が「いまのメンバーのやり方は気に入っているのですか?」なんてすごい質問をします。答えはぜひDVDで!
  • ショスタコーヴィチでは一つ、ロシア人としてショスタコーヴィチをどう弾くべきか、どう感じるべきかについて、感慨深い話があります。しかし、殆どは、彼女らの演奏をベルリンスキーは黙ってきくだけ。ドミナントSQの演奏も結構良いなぁと思っていましたが、、、聴き終えたベルリンスキーが、何を語るか、何を見せたのか、、、これは申し訳ないですが、DVDをご覧になった方への楽しみにとって置きたいと思います。
  • こちらの特典では、特にベルリンスキーの思い出話が素晴らしいもの。「弦楽四重奏をやるなら貧乏は覚悟しろよ」と言われた等々、当時のロシアの音楽事情も偲ばれます。こういう真面目な話を聞くと、やれ、あれが流行、これが有名やらと、流されてしまうのは聞き手の怠惰もある、、、と反省せずにはおれません。
  • 途中で、インタビューを横で聞いていたらしい奥さんが登場。奥様は語りだすと止まりません!それを、だまーーーーーって聞いているベルリンスキーが、なんだかおっかしいです。夫婦仲の秘訣を見た思いです。

いずれにせよ、このDVDでは、真摯なベルリンスキーの姿勢に打たれることなしに見ることは不可能かと思います。

ぜひ、大切な誰か、または、ご自分自身へのプレゼントにご検討を!

では!

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 01:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名盤・推薦盤!(含むDVD)
この記事へのコメント
これ、ボーナス入ったら、接待買いますっ!
Posted by ken at 2008年12月02日 23:36
絶対後悔しません、、、もう、kenさんなら、ほんとに泣いてしまうかも。
もし、お気に召さなかったら、買い取りますといえるほど!
Posted by sergejO at 2008年12月02日 23:55
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110471632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。