2008年12月05日

プレゼントにいかが? − 2008年12月は弦楽四重奏団を中心に! vol.4 ベートーヴェン弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

クリスマスに年末年始も近づきました。本日は、2008年12月のプレゼントにいかが?第四回。

弦楽四重奏団を中心にした室内楽のおすすめ名盤ご紹介しておりますが、今回はちょっと変わり種で、ロシアのベートーヴェン弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチの録音を取り上げます。

弦楽四重奏曲を多く書いた作曲家も結構しぼられますが、ショスタコーヴィチ(1906-1975)は現代の著名な音楽家ではこのジャンルに注力した人物。全15曲作曲しております。なにかと政治的な横やりに振り回された交響曲とは違い、作曲家にとって、もっと自由なジャンルだったという話もあります(ショスタコーヴィチの伝記については、お粗末ながら、http://sergejo.seesaa.net/article/64006679.htmlで、紹介しております)。

ボロディンSQ演奏 ショスタコーヴィチ弦楽四重奏全集(6CDs)の商品写真通常、これらのおすすめには最近再発も出たボロディン弦楽四重奏団の全集を挙げております(ちなみに右の写真は、ボロディンSQによる一つ前のデザインで、商品のリンクもそうしておりますが、今現在再発売よりがお安いです)。

しかしながら、ショスタコーヴィチがこれらの四重奏曲の多くを献呈し、ほとんどを初演したのは、モスクワ音楽院の学生が結成したベートーヴェン弦楽四重奏団。その録音を漸くAmazonで見つけたので、この度は、これを推薦する次第です。

弦楽四重奏曲の名盤:初演者ベートーヴェン弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチ

ベートーヴェン弦楽四重奏団は、メンバーの仲が悪くて有名だったそうですが、なかなかどうして、良い演奏。ユーモラスなところ、ちょっと神経質に震える様な現代性が、ボロディンとは違う魅力と感じました。ぜひ、こちらもお試しになっては如何でしょうか?

こららの曲自体が、意外に聞き易いもので、現代的かどうかは、それほど気にしなくて良いかも知れません。

リリースされているのは、どうも全部で四枚のようで、残念ながら全集ではないのです。録音は1961年から1975年に掛けてのもの。

ベートーヴェンSQ演奏 ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲1,3,4の商品写真ベートーヴェンSQ演奏 ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲7,8,10の商品写真一枚目が、第1番、3番、4番を収録(MEL CD 10 00860)

続く二枚目は、7番、8番、10番およびOp.11の弦楽八重奏曲のための二つの小品を収録(MEL CD 10 00861)

ベートーヴェンSQ演奏 ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲11,12,13の商品写真ベートーヴェンSQ演奏 ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 14,15の商品写真三枚目が、第11番、12番、13番を収録(MEL CD 10 00862)

四枚目は、14番、15番およびOp.11の弦楽八重奏曲のための二つの小品を収録(MEL CD 10 00863)

ご覧の通りで、カタログナンバーが連番になっているので、2、5、6、9番の四曲は録音がないと推察して居ります。

発売元はMelodiyaですが、スリーブノートには、英語訳がついておりますので、ご心配なく!

この団体の結成の話、ショスタコーヴィチとの交流の様子などが記されて居り、小生浅学故に、あまりこの団体について知らなかったので、なかなか面白く読めました。

全集ではなく、中途半端に欠けているので、手が出難いかと思いますが、都会的と申しますか、現代的と申しますか、ちょっとクールといいますが、こういう演奏はなかなか他に聞かないユニークなものかなと。。。ショスタコーヴィチが求めたのは、こういう音か、、、とちょっと思うところもありました。(大袈裟かも知れませんが・・・)

今のところ、納期が長いのですが、ぜひご検討くださいませ。

では!

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名盤・推薦盤!(含むDVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110737329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。