2009年01月29日

1月27日は、モーツァルトの誕生日 3 of 3 − ファン・オールトとバドゥラ=スコダのピアノフォルテによる鍵盤楽曲集

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

1月27日は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart 1756-1791)の誕生日ということで、続けてモーツァルト関連のご紹介しております。本日最終日は、ソナタ他を含めた安価な鍵盤楽曲集をご紹介!

モーツァルト:(ピアノ)ソナタほか鍵盤曲作品集のおすすめ

輸入盤 ファン・オールト演奏 Mozart:Complete Keyboard Works(14枚組)の商品写真紹介などと大上段に構えても、皆様もうご存知でしょう、(十中八九)オランダ出身のフォルテピアニスト バルト・ファン・オールト Bart van OortのMozart Complete Keyboard Works(14枚組)がやはり筆頭におすすめできるものと思います。(曲目詳細は、本稿下部にございます。)

ちなみに、ファン・オールトのwebsiteは http://www.bartvanoort.nl/ です。

14枚組は多いし、高いかも・・・と思われる方はご安心を!輸入盤の安価なセットで価格はリンク先をご覧の通り。マーケットプレイスのimportcds_comなど、私もよく利用します。

このセットの長所を端的に書いてみますと、

  • ピアノ・ソナタの往年の名録音は、やはり後期のソナタ中心ですが、初期のソナタ、変奏曲その他の曲も面白いものです!(キラキラ星もちゃんとはいってます)
  • フォルテピアノの演奏については、昨年末ベートーヴェンのソナタの大井浩明氏による録音をご紹介しましたが、そこに書いた通り、響きが豊かで、軽やかであっても迫力不足はなし、右左と音が重なってもクリアに聞こえるのが楽しい!
  • のだめで人気になった2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448のほか、四手の連弾曲なども入れてますので、この価格で一揃いと断然お得です

ソナタ以外の曲でお気に入りのちょっと変わった曲と言うと・・・それでも比較的有名と思いますが、例えば、プレリュードとフーガ ハ長調 K.394

YouTubeで息子さんの演奏を撮ったという投稿ビデオがありました。

ヴァン・スヴィーテン男爵のところで、バッハやヘンデルの楽譜を見せられた頃の作品とのこと。

この14枚組で、知らない曲に出会ったら、いつ頃作った曲なんだろうと深堀りしてみるのも面白いかと思います。

オールトの全集が出る前は、ピアノフォルテと云うと、バドゥラ=スコダの録音が割と浩瀚なものだったでしょうか?

輸入盤 バドゥラ=スコダ演奏 モーツァルト:フォルテピアノのためのソナタ集(6枚組)の商品写真輸入盤 バドゥラ=スコダ演奏 モーツァルト:フォルテピアノのためのソナタ集(6枚組)

近年は、naïve社がセットでリリースしていて、比較的手に入り易く、私もオールト盤を手にする迄、こちらで聞いて居りました。

写真は随分若い頃のもので、ミッキー・ロークと間違えそうな色男ですが、録音は主に1990年です。

両者を比較すると、オールト盤の方が自然にフォルテピアノを鳴らしているかな・・・とそんな感じです。バドゥラ=スコダのものも面白くて、こちらだけ聞いても、現代ピアノと随分違うと思いますが、曲数や価格を考慮しても、今はオールト盤に一歩譲るものでしょうか。

スリーブノートにあった、スコダの感想は面白いものでした。ピアノフォルテに魅せられたという一文で、ちょっと引用してみましょう。英訳からの拙訳にて恐縮です。出会いは随分古くて、1948年に私的演奏会でワルターモデルのピアノフォルテを弾くIsolde Ahlgrimm女史のモーツァルトを聴いて、心変わりしたそうです。

それまで私は、ピアノフォルテという一見primitiveな楽器を軽んじて、この楽器を使う事は単に歴史的興味をもたらすものでしかないと云う一般的な偏見を同じうしておりました。しかし、(Ahlgrimm女史の)この一連の私的演奏会を通じて、これこそ真性の響きなのだと、また、同じ解釈で弾いたとしても、コンサート・グランド・ピアノで弾くよりも、ここでは作品が親密さにより触れているのだと、私ははっきりと確信しました。響きの銀色の明瞭さ、registerによるニュアンス付け、デュナーミク変化の段階の繊細さ、それにもまして middle registerによる甘く高貴な音色といったら実に比べるものなどないほどです。

この他、軽いフォルテピアノでは弾き方も随分違いを要求される事など、短い文章ですが、面白いものでした。

どちらのセットも、曲の解説文は英語で読む事になると思いますが(オールトは英語のみ、スコダは、仏・英・独語)、かなり充実したものでこれだけでも、相当いろいろ情報が得られるもの。オールトの方は、手紙からの抜粋などもあって、実に読み応えがあります。

もし、機会があれば、両者聞き比べなどどうぞ。

折角ですから、それぞれのセットの曲目詳細を記載しておきます。

ファン・オールトのモーツァルト鍵盤曲全集14枚組の曲目詳細 / バドゥラ=スコダのモーツァルトソナタ集6枚組の曲目詳細

バルト・ファン・オールト Bart van OortのMozart Complete Keyboard Works(14枚組)曲目詳細

輸入盤 ファン・オールト演奏 Mozart:Complete Keyboard Works(14枚組)の商品写真CD1:ソナタと幻想曲
ソナタ第13番 変ロ長調 KV.333,幻想曲 ニ短調 KV.397,幻想曲 ハ短調 KV.396,ソナタ第10番 ハ長調 KV.330(録音:1997)

CD2:ソナタ、幻想曲、アダージョ
ソナタ第17番 変ロ長調 KV.570,幻想曲 ハ短調 KV.475,ソナタ第14番 ハ短調 KV.457,アダージョ ロ短調 KV.540,ソナタ第18番 ニ長調 KV.576(録音:2000)

CD3:変奏曲その1
9つの変奏曲 KV.264,12の変奏曲 KV.353,12の変奏曲 KV.354,8つの変奏曲 KV.352,6つの変奏曲 KV.398(録音:KV398 1997,その他 2001)

CD4:変奏曲その2
6つの変奏曲 KV.Anh.137,10の変奏曲 KV.455,12の変奏曲 KV.500,9つの変奏曲 KV.573,8つの変奏曲 KV.613(録音:2001-2002)

CD5:ソナタとロンド
ソナタ第4番 変ホ長調 KV.282,ロンド ニ長調 KV.485,ソナタ第5番 ト長調 KV.283,ロンド イ短調 KV.511,ソナタ第6番 ニ長調 KV.284(録音:2003-2004)

CD6:初期のソナタと変奏曲
ソナタ第1番 ハ長調 KV.279,12の変奏曲 KV.179,ソナタ第2番 ヘ長調 KV.280,6つの変奏曲 KV.179,ソナタ第3番 変ロ長調 KV.281(録音:2004)

CD7:ソナタと変奏曲
ソナタ第7番 ハ長調 KV.309,3つの変奏曲 KV.460,ソナタ第8番 イ短調 KV.310,12の変奏曲 KV.265(所謂、《きらきら星変奏曲》),ソナタ第9番 ニ長調 KV.311(録音:2004-2005)

CD8:ソナタと舞曲
ソナタ第11番 イ長調 KV.331(トルコ行進曲付き),8つのメヌエット KV.315a,ソナタ第12番 ヘ長調 KV.332("Pastorale"),6つのドイツ舞曲 KV.509(録音:2005)

CD9:モーツァルトとポリフォニー
プレリュードとフーガ ハ長調 KV.394,ソナタ第15番 ヘ長調 KV.533,組曲ハ長調 KV.399,小ジーグ KV.574,葬送行進曲 KV.453a,プレリュード ヘ短調 KV.Anh.32,ソナタ第16番 ハ長調 KV.545,2つの短いフーガ KV.154a(録音:2005)

CD10:その他様々な鍵盤楽曲
《後宮からの逃走》序曲 KV.384,アダージョ ヘ長調 KV.Anh.A65,転調するプレリュード KV.624,6つの変奏曲 KV.54,行進曲ハ長調 KV.408/1,メヌエット ニ長調 KV.355,アンダンテ KV.616,コントルダンス ニ長調 KV.534,カプリッチョ ハ長調 KV.395,ソナタとして一つに纏められた三つのピアノ小品(アダージョ ト短調 KV.312 / アンダンティーノ 変ホ長調 KV.236 / アレグロ 変ロ長調 KV.400)(録音:2005)

CD11:モーツァルトの幼少時代
8つの変奏曲 KV.24,ロンドン・スケッチブック KV.15,バレエ音楽,7つの変奏曲 KV.25(録音:2005)

CD12:四手ためのの鍵盤楽曲 その1
ソナタ ニ長調 KV.381,フーガ ト短調 KV.401,ソナタ ヘ長調 KV.497(録音:2001 with ウルズラ・デュッチュラー Ursula Dütschler)

CD13:四手ためのの鍵盤楽曲 その2
ソナタ ハ長調 KV.19d,自動オルガンための幻想曲 ヘ短調 KV.608,アンダンテと変奏曲 ト短調 KV.501,ソナタ ハ長調 KV.521(録音:2001 with ウルズラ・デュッチュラー Ursula Dütschler)

CD14:2台のピアノのための鍵盤楽曲
ソナタ ハ長調 KV.358,自動オルガンのためのアダージョとアレグロ ヘ短調 KV.594,二台のピアノのためのフーガ ハ短調 KV.426,二台のピアノのためのソナタ ニ長調 KV.448
(録音:2001 with ウルズラ・デュッチュラー Ursula Dütschler)

>>上に戻る

バドゥラ=スコダのモーツァルト:ピアノフォルテのためのソナタ集(6枚組)曲目詳細

輸入盤 バドゥラ=スコダ演奏 モーツァルト:フォルテピアノのためのソナタ集(6枚組)の商品写真CD1:カタログ番号 E8864
プレリュードとフーガ ハ長調 KV.394,葬送行進曲 KV.453a,アダージョ ロ短調 KV.540,メヌエット ニ長調 KV.355,小ジーグ KV.574,幻想曲 ニ短調 KV.397,ロンド イ短調 KV.511,12の変奏曲 KV.265(所謂、《きらきら星変奏曲》)(録音:1978)

CD2:カタログ番号 E8865
ソナタ第1番 ハ長調 KV.279,ソナタ第2番 ヘ長調 KV.280,ソナタ第3番 変ロ長調 KV.281,ソナタ第4番 変ホ長調 KV.282,ソナタ第5番 ト長調 KV.283(録音:1990)

CD3:カタログ番号 E8866
ソナタ第6番 ニ長調 KV.284,ソナタ第7番 ハ長調 KV.309,ソナタ第9番 ニ長調 KV.311,アレグロ 変ロ長調 KV.400,アレグロ ト短調 KV.312(録音:1990)

CD4:カタログ番号 E8867
ソナタ第8番 イ短調 KV.310,ソナタ第10番 ハ長調 KV.330,ソナタ第11番 イ長調 KV.331(トルコ行進曲付き)(録音:1989)

CD5:カタログ番号 E8868
ソナタ第12番 ヘ長調 KV.332,ソナタ第13番 変ロ長調 KV.333,幻想曲 ハ短調 KV.475,ソナタ第14番 ハ短調 KV.457(録音:1990)

CD6:カタログ番号 E8869
ソナタ第15番 ヘ長調 KV.533,ソナタ第16番 ハ長調 KV.545,ソナタ第17番 変ロ長調 KV.570,ソナタ第18番 ニ長調 KV.576(録音:1984)

>>上に戻る

では、本日はこれにて!

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113360663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。