2009年03月26日

晩年のベラ・バルトークのおすすめ名盤 − 管弦楽のための協奏曲、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、ヴィオラ協奏曲、ピアノ協奏曲第3番

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

輸入盤 ショルティ/シカゴ交響楽団 バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽のAmazonの商品頁を開く3月25日、ハンガリーの作曲家 ベラ・バルトークの誕生日(Béla Bartók 1881 - 1945)にちなんで、おすすめCD/DVD/書籍等ご紹介しております。

前回、バルトークの晩年を扱った良質のドキュメント After the Storm:American Exile of Bela Bartok を紹介致しましたので、今回はそのドキュメントに出てきた曲&演奏家のおすすめ名盤紹介と参ります。

ピアノ・ソロ曲については次回に送りまして、本日取り上げるのは、下の四曲。

バルトーク独特の響きやリズム等々は若い頃から変わらないと言えば変わりませんが、よりゆったりと大きな情景が見えたり、メニューインの言葉を借りれば「大地の奥深くと高き天空が直接に結びついた様な」感じがするのは、やはり晩年に独特なことでしょう。

人間世界を離れたような響きもあって、それは活力みなぎる壮年期の曲とは随分違うものです。第二次大戦の人間の所業を見ての諦念だと思う方も、病に冒されて死を見つめた態度だとも、さまざま感じる方もあることでしょう。

私は、個人の生死の問題に絡めることはピンと来ず、若いうちは民族の繰り返す営みを見て、晩年は自然の繰り返す営みを見たのかな・・・などと難しいことを言うのも手に余り・・・バルトークは小さな虫などにほんとうに興味をもって、開かず眺めたりしていたそうですが、ただ、そんな“不思議”な人物を感ずるのみです。

バルトーク:管弦楽のための協奏曲 おすすめ名盤・CD

輸入盤DVD ドキュメント After the Storm:American Exile of Bela BartokのAmazonの商品頁を開くそれぞれの曲について、詳細を述べるのは止めて、ずらずらっと並べて参ります。このようなおすすめは、あくまで迷ったときの参考材料。一つに絞りませんが、どれも十分楽しんでいただけるものと思います。

バルトークのドキュメント DVDに出て来た演奏も代表的名盤として数えられるもの。初演者クーセヴィツキーによるものとショルティ/シカゴ響の演奏が取り上げられていました。

クーセヴィツキーの録音は、初演者としての歴史的価値は勿論、改定前の初稿に基づいていることも、貴重なもの。

輸入盤 クーセヴィツキー/ボストン交響楽団 バルトーク:管弦楽のための協奏曲、ムソルグスキー(ラヴェル編曲):展覧会の絵のAmazonの商品頁を開く輸入盤 クーセヴィツキー/ボストン交響楽団 バルトーク:管弦楽のための協奏曲、ムソルグスキー(ラヴェル編曲):展覧会の絵

ショルティ/シカゴ交響楽団 バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽のAmazonの商品頁を開くショルティ/シカゴ交響楽団 バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽


もう一つ、挙げておきたいのは、ドキュメントには出てきませんが、やはり、ハンガリー出身の指揮者で、バルトークの名演の多いフリッチャイ指揮の録音。

輸入盤 フリッチャイ指揮 バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽のAmazonの商品頁を開く輸入盤 フリッチャイ指揮 バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽

バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ & ヴィオラ協奏曲 おすすめ名盤・CD

DVDの中で、楽しげにこの曲を歌って解説したヴァイオリニスト ユーディ・メニューインは、作曲の依頼主であり、献呈を受けた人物。ドキュメントの中で、協奏曲はバルトークの健康状態を考えれば、負担も大きいだろうと、ソロの曲にした・・・と内輪話も披露しています。

メニューインによる、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、ヴィオラ協奏曲を併せた安価な2枚組がリリースされています。

輸入盤 メニューイン(Vn)/ブーレーズ&ドラティ指揮 バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番ほかのAmazonの商品頁を開く輸入盤 メニューイン(Vn)/ブーレーズ&ドラティ指揮 バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番ほか

収録曲は、協奏曲系統が

・ヴァイオリン協奏曲 第1番&第2番、ヴィオラ協奏曲(ドラティ指揮/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団)
・ヴァイオリンと管弦楽のためのラプソディー 第1番&第2番(ブーレーズ指揮/BBC交響楽団)

ヴァイオリンのデュオおよびソロが

・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
・44のヴァイオリン二重奏曲集から抜粋6曲

収録曲をご覧の通り、バルトークの弦の曲を一通り聞くのに便利なセット。

最後の二重奏曲が、ヴァイオリンのためのミクロコスモスといいますか、バルトークらしい試みであり、曲であります。

輸入盤 シャーンドル・ヴェーグ(Vn)ほか バルトーク:二重奏曲全曲、弦楽四重奏曲No.1&2 (2CD) のAmazonの商品頁を開く録音は、近年さまざま増えて居りますが、ちょっと懐かしい名前ならば

輸入盤 シャーンドル・ヴェーグ(Vn)ほか バルトーク:二重奏曲全曲、弦楽四重奏曲No.1&2 (2CD)

最近のものであれば例えば、

輸入盤 ヴィウコミルスカ(Vn)・ゼンプレニ(P)ほか バルトーク:44の二重奏曲全曲&ミクロコスモス全曲 (2CD)

 

バルトーク:ピアノ協奏曲 第3番

バルトークの最後のピアノ協奏曲である第3番については、昨年のこの機会で取り上げて居りますが、今一度。

輸入盤 シャーンドル(P)・シゲティ(Vn)、オーマンディ指揮、ライナー指揮ほか バルトーク:ピアノ協奏曲第3番ほかのAmazonの商品頁を開く上述のDVDの中でインタビューに答え、演奏も披露するのは、バルトークにピアノを学び、高い評価も得ていたというジェルジ・シャーンドル。この曲の初演者でもあります。

輸入盤 シャーンドル(P)・シゲティ(Vn)、オーマンディ指揮、ライナー指揮ほか バルトーク:ピアノ協奏曲第3番ほか

このCD、その他、シゲティの弾くヴァイオリンと管弦楽のためのポートレイト第1番とフリッツ・ライナー指揮/ピッツバーグ交響楽団による管弦楽のための協奏曲も収録とちょっと興味深いもの。

シャーンドルはテンポ、音の強弱、音色をさまざま変えて、弾き分けてという演奏スタイル。

もう少し素朴さと荒々しさ(?)も持つといいますか(決して、技巧をこらしてないなどではなくて)、骨格が見えるような演奏でという場合、

輸入盤 アンダ(P)&フリッチャイ指揮 バルトーク:ピアノ協奏曲全集のAmazonの商品頁を開く定番中の定番で、やはり、名演といまでも感心する

輸入盤 アンダ(P)&フリッチャイ指揮 バルトーク:ピアノ協奏曲全集

全集なので、第1番&第2番も収録しており、これもまた大変面白い、晩年との曲調の対比も判り易いものですから、ぜひどうぞ!

ピアノ協奏曲第三番だけの録音をお探しであれば、

輸入盤 ラーンキ(P)、フランシク指揮/ハンガリー国立管弦楽団揮 バルトーク:ピアノ協奏曲第三番&ピアノソロ曲集のAmazonの商品頁を開く輸入盤 ラーンキ(P)、フランシク指揮/ハンガリー国立管弦楽団揮 バルトーク:ピアノ協奏曲第三番&ピアノソロ曲集

なども大変良いものと思います。

バルトークもまだまだ決してメジャーな位置とも言い難いでしょうか?「まだ聴いてないなぁ」という方がいらっしゃって、本稿をきっかけに興味を持って頂ければ幸いです。

では!

2009年のバルトーク特集記事一覧:

・2009/03/27:ベラ・バルトークのおすすめ名盤 − 自作自演ピアノ録音集 Bartok at the Piano(Hungaroton CD6枚組)
・1009/03/25:ベラ・バルトークのドキュメントDVDおすすめ After the Storm:American Exile of Bela Bartok

関連のおすすめ:

輸入盤 ゾルターン・コチシュ演奏 バルトーク:ピアノソロ作品集(Philips CD8枚組)のAmazonの商品頁を開く輸入盤 ディッタ・バルトーク演奏 バルトーク:ミクロコスモス全曲(Hungaroton CD2枚組)のAmazonの商品頁を開く輸入盤 ゾルターン・コチシュ演奏 バルトーク:ピアノ作品集(Philips CD8枚組)
ハンガリーのコチシュによるバルトークピアノ作品集。協奏曲等を除いてのピアノ曲全集といってよいもの。ミクロコスモスもちゃんと全曲揃っております。本日現在(2009/03/27)、マーケットプレイスで大半安価な価格がついております(importscd.com)。バルトークの世界を存分に楽しめます。

輸入盤 ディッタ・バルトーク演奏 バルトーク:ミクロコスモス全曲(Hungaroton CD2枚組)
バルトークの二度目の妻で、一緒に北米に渡ったディッタ・バルトークによるミクロコスモス全曲の録音です。

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。