2009年04月07日

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのミサ曲のおすすめ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

輸入盤 ガーディナー指揮 ハイドン:6つのミサ曲(3枚組)のAmazonの商品頁を開く先月末の3月31日は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732〜1809)の誕生日でした。

本年は没後200周年にもあたり、欧州ではさまざま催し物も予定されているようです。

折角の機会なので、伝記をご紹介して・・・

・・・といきたいところですが、日本語で今現在伝記&主要作品紹介に適した一冊が出ていません!良い本はあったのですが、古書でも手に入り難いという、甚だ遺憾な状況であります。

作曲家◎人と作品シリーズも、ハイドンが刊行予定ながら、いつでることやら・・・

かくなる次第で、手に入らない本の引用をするのもなんなので、今回はあっさりとハイドンのおすすめを合唱曲から。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン:ミサ曲のおすすめ名盤・CD

ハイドンもさまざまなジャンルに多作にして、しかも大概面白い・・・とあっては、どれから聞いたら迷うもので、おすすめもしにくい作曲家と勝手に思って居ります。

あんまり多作なので、CD一枚・二枚と揃えてもなにかもの足りず、、、かといって、全集を!となると、交響曲でも、弦楽四重奏曲でも、鍵盤楽曲でも、やたらめったら枚数が多くて、これまた躊躇という悪循環。

輸入盤 ドラティ指揮 ハイドン:交響曲全集(33枚組)のAmazonの商品頁を開くそういえば、ドラティ指揮の交響曲全集33枚組が、最近安価で再発売になって、やっとAmazonでも購入できる様になりました。2009年6月半ばの発売でただいま予約受付中です。

ついでの話ですが、ホグウッド指揮の録音は、いつ安価に再発売されるのか気になり続けて数年経って居ります・・・

さてさて、そんな中、器楽曲から目をそらして、声楽曲・合唱曲というと、「ハイドンの声楽曲の傑作は、オラトリオ《天地創造》・《四季》である」とおすすめされるのが通例かと思います。

が!なんとなく、わたくしその二曲が苦手で、そういう方もいらっしゃるのではないか・・・と勝手に想定した上で、「では他の声楽曲で聴きやすいもの!」となった時のおすすめが、ミサ曲であります。←前置きが長くなりました。

もっている幾つかのCDにも大した情報がないのですが、ざっくりというと、

  • 宗教曲っぽい荘厳さ・シリアスさは思うほどになく、意外なほど聴きやすく、変化もあって、奇麗な名曲なのです

これににつきるかなと。

十余曲書かれていて、ざっくり半分が晩年の作品。CDのスリーブノートの記述に見ましたが、世俗曲風すぎて、ミサ曲にはふさわしからぬ!とあやうく演奏禁止になりかけたものもあったそうです。ネルソン・ミサ、ハルモニー・ミサ、パウケン・ミサ等々、ただ聴いて「あぁ良い曲だなぁ」と楽しめます。どの曲がどんな機会に書かれたといった詳細は、スリーブノートをご覧頂くことにして、幾つか手に入り易い録音を挙げますと・・・

輸入盤 ガーディナー指揮 ハイドン:6つのミサ曲(3枚組)のAmazonの商品頁を開く輸入盤 ガーディナー指揮 ハイドン:6つのミサ曲(3枚組)
演奏:
モンテヴェルディ合唱団&イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
収録曲:
パウケンミサ Hob.XXII:9 / オフィダの聖ベルナルトの讃美のミサ Hob.XXII:10 / ネルソンミサ Hob.XXII:11 / テレージアミサ Hob.XXII:12 / 天地創造ミサ Hob.XXII:13 / ハルモニーミサ Hob.XXII:14

輸入盤 アーノンクール指揮 ハイドン:4つのミサ曲、スターバト・マーテルほか(6枚組)のAmazonの商品頁を開く輸入盤 アーノンクール指揮 ハイドン:4つのミサ曲、スターバト・マーテルほか(6枚組)
演奏:
アーノルド・シェーンベルク合唱団&コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン
収録曲:
パウケンミサ Hob.XII:9 / ネルソンミサ Hob.XII:11 / ハルモニーミサ Hob.XII:14 /天地創造ミサ Hob.XII:13
サルヴェ・レジーナ Hob.XXIIIb:2 / テ・デウム Hob.XXIIIc:1 / テ・デウム Hob.XXIIIc:2 /カンタータ Qual dubbio ormai? Hob.XXIVa:4 / スターバト・マーテル Hob.XXbis / 十字架上のキリストの七つの最後の言葉 Hob.XX:2

国内盤 プレストンほか指揮 ハイドン:ミサ曲全集(8枚組)のAmazonの商品頁を開く国内盤 プレストンほか指揮 ハイドン:ミサ曲全集(8枚組) * 写真は輸入盤の全集で代用しています
演奏:
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールドほか(Amazonのページでは指揮がホグウッドのように読めますが、実際はオルガンで一部の曲に参加しているのみです。)
収録曲:
ミサ全13曲 Hob.XII-1,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14
サルヴェ・レジーナ Hob.XXIIIb:2 スターバト・マーテル Hob.XXbis

聴いて面白い曲はどれも抑えてますし、それぞれこれは入っていて、これはなし、と特性もありますので、とりあえず楽しむのであれば、価格と枚数でえいやっとお選びになって、十分楽しめるものと思います。

余談ながら、不思議に思うのが、交響曲などをやると、ガーディナーやアーノンクールに面白いところと同時に違和感もいろいろ感じたりもするのですが、合唱曲だと普通に響きがきれいだなぁとよく思います。なんなのでしょう?

では!

関連のおすすめ:

>>主に国内盤のハイドンのミサ曲のCDを探す(Look4Wieck.comのAmazon検索機能が開きます)

>>主に輸入盤のハイドンのミサ曲のCDを探す(Look4Wieck.comのAmazon検索機能が開きます)

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。