2007年11月02日

紅葉シーズンも最盛期です ― 秋らしい曲

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
2008年10月8日注:この記事でご紹介したブラームスの名曲!弦楽五重奏曲ですが、11月5日発売予定で、なんとブダペスト弦楽四重奏団によるブラームス:弦楽四重奏曲・五重奏曲全集が発売です!現在予約受付中。収録曲にはクラリネット五重奏曲とピアノ五重奏曲も。ワルター・トランプラー(Vc)、ルドルフ・ゼルキン(Piano)、デビッド・オッペンハイム(Clarinet)が参加の名演です。特に弦楽五重奏曲はブラームスの室内楽の大名曲であり、素晴らしい名演。この機会をお見逃しなく!

紅葉シーズンも真っ盛りです。「紅葉」とグーグルに入れるだけで、

なんてサイトが見つかるのですから、便利な世の中になったものです・・・(←いつの時代の人ですか?)

と、話の枕はここまでにして、本日は秋らしい曲をご紹介致します!まずはブラームスの弦楽五重奏曲第二番ト長調 op.111。ブラームス晩年の曲で、実際作曲されたのは夏頃だそうですが、この曲調は秋にふさわしいです。

そもそもブラームスの曲を秋のイメージと結びつける人は多いですが、その中でもこの曲は、明るいけれども決してきつくはならない陽射しが感じられて、ぴったりと思います。

ブダペスト弦楽四重奏団(リンク先で、略歴やおすすめ名盤・名著をご紹介しております)とワルター・トランプラー(Va)の名盤があるのですが、残念ながらいま絶版中(2008年10月8日注:・・・でしたが、冒頭に書きました通り、再販です!現在予約受付中。)。

Amazon.co.jpで見ると、アマデウス弦楽四重奏団にウィリアム・プリースが加わったものも人気があるようです。これは弦楽六重奏も入った二枚組。

なんとなく思うに、弦楽五重奏曲そのものが比較的秋らしいかも知れないですね。通常、ヴィオラが二本入るからでしょうか。この理屈でいくと、例えば、シューベルトの弦楽五重奏曲は、ヴィオラ二本の代わりに、チェロ二本なので冬 ― といってもおかしくないような気がします(と書いた後、誰かがどこかでそう言ったのを聞いた様な気がしてきました・・・)。

******

さて、もう一曲!これまた秋らしい名曲で、べートーヴェンのピアノソナタ第28番イ長調 Op.101。第一楽章だけ、夕暮れから夜に掛けて聴いてみてください(第二楽章からがらっと変わりますので・・・)。

この曲も秋だ秋だと思っていましたが、グレン・グールド自身「この曲は秋のソナタと言っていいかな・・・」と言っている言葉を見つけて、然り!!と手を打った覚えがあります。

録音は古いのですが、グールド自身の良い演奏があります!

カナダ国営放送局CBCでの録音を集めたBoxセット The Young Maverick(6枚組)。これは以前出ていたCDは音質がいまいちでしたが、この6枚組になってかなり改善。勿論最新のデジタル録音とは違いますが、私にとっては、全然気にならないレベルです。SONYの正規盤にべートーヴェンのこのソナタは入っていないので貴重なもので、(今現在は)お安いですしお薦めです。

ザラ・ネルソヴァとアレクサンダー・シュナイダーと組んだベートーヴェンの三重奏曲では、グールドはきちっと古典的に均整のとれた演奏を聴かせます。これなどかなり名演ではないでしょうか?私が大好きな録音の一つ。その他は、後年、正規録音で出た曲が殆どではありますが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、一気に飛んで、ウィーン楽派と多様な時代の曲があり、グールドの演奏もソロ、協奏曲、室内楽とさまざまなパターンありますから、ファンの方にはおすすめです。

べートーヴェンのピアノ・ソナタは名演奏が多いものですが、その中でも秋らしく聴けるものというと、定番と言えばあまりに定番ですが、バックハウスの録音などお薦めです。Look4wieck.comにバックハウスの略歴・おすすめ名盤をつづった頁もございますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名盤・推薦盤!(含むDVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63275818

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。