2007年11月10日

ショスタコーヴィチの書籍と軽め(?)のCDご案内

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
昨日に引き続いて、ロシアの作曲家ショスタコーヴィチを取り上げます!本日は、書籍と軽い(!?)作品のおすすめCDご紹介です。

ローレル・E・ファーイ著『ショスタコーヴィチ ある生涯』アルファベータ社の商品写真手に入りやすい浩瀚な伝記と言うと、昨日の記事の元としたローレル・E・ファーイ著『ショスタコーヴィチ ある生涯』アルファベータ社

この本は、作曲家や周辺人物の言葉や逸話に豊富で読み応えは十二分。読み終えるのは結構大変でしたが、ショスタコーヴィチについて知りたい!という欲求は120%満たされます。ほんとにいろいろな話があって、政治的な党本部との確執、作曲家としての成長はもとより、ピアニストとしての経歴も細かに判ります。

ショスタコーヴィチに関する一冊目と言うより、ある程度、その生涯の概要を知っている方向けと言っても良いかもしれません。526頁の内、伝記部分はおよそ350頁。後の200頁弱は参考文献等々。人名辞典と作品名と人名での索引がついていて、これはかなり便利です。

では一冊目は何を読めば良いのか・・・

千葉潤著『ショスタコーヴィチ』の商品写真もっと簡単に見通しをつけたい場合には、千葉潤著『ショスタコーヴィチ』がおすすめです。200頁ほどの厚さに、伝記・主要作品解説・作品目録・年表がまとまっています。

この主要作品解説は、ショスタコーヴィチをいろいろ聴いてみようという方には大変役立つ羅針盤となると思います。交響曲作家としてだけでなく、その室内楽、オペラ他の声楽作品もきちっと紹介しているのは、重要なことと思います。

これは音楽之友社の作曲家◎人と作品シリーズの一巻です。このシリーズ、多少の出来不出来はありますが、概して面白いものが多く、伝記・主要作品紹介・作品目録など痒いところに手の届く内容。いまからいろいろ聴かれる方にも、既にいろいろと聴いていらっしゃる方にも、興味深いものと思います。Look4Wieckに音楽之友社の作曲家◎人と作品シリーズの既刊書をまとめてリンクをつけた頁がありますので是非ご活用ください。

もう一つ、一冊目の候補があります。

『わが父ショスタコーヴィチ 初めて語られる大作曲家の素顔』音楽之友社の商品写真作曲家の人間的側面を知るには、娘ガリーナと息子マキシムへのインタビューに基づいた『わが父ショスタコーヴィチ 初めて語られる大作曲家の素顔』音楽之友社が打ってつけ。面白い話が多くて、一気に読めます。今日挙げた三冊の中では作曲家への親近感が一番増すものかも知れません。

その中にでてくるエピソードで私が好きな話を一つご紹介致します。生活の足しにと映画音楽を書いていた頃のことなのですが、映画のプロットのメモが送られて来て、そのシーンに見合う音楽を要求の時間に合わせて作曲するという仕事。ショスタコーヴィチもあまり好きではないけれど、生活のためだと割り切ってやむなくといった事情のようです。

さて、とある日に送られたきたメモにバスのシーン何分、なになにのシーン何分と続いた後に、“白い静寂 3分”と。

「白い静寂?どうやって音楽で表現しろっていうんだい?」

と苦笑していたそうです。

******

ショスタコーヴィチのこういった映画音楽をまとめたCDも出ています。売れ筋はシャイー指揮のものと言ってよいかしら?映画音楽のほか、Jazz音楽集、ダンス・アルバムなどもあって、いわば三部作になっています。

Amazonの商品写真  ショスタコーヴィチ : フィルム・アルバム
  リッカルド・シャイー指揮 / ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団他
  ・国内盤
  ・輸入盤



Amazonの商品写真  ショスタコーヴィチ : ジャズ音楽集 / タヒチ・トロット(2人でお茶を)他
  リッカルド・シャイー指揮 / フィラデルフィア管弦楽団他
  ・国内盤
  ・輸入盤



Amazonの商品写真  ショスタコーヴィチ : ダンス・アルバム
  リッカルド・シャイー指揮 / フィラデルフィア管弦楽団他
  ・国内盤
  ・輸入盤


流行曲風にしては手が込んでいたり、諧謔風味や、優しさを感じるようなパッセージにショスタコーヴィチらしさを見つけたり。意外!な曲もあって、稀代の傑作とは言わないまでも、なかなか面白いものでした。


たまには肩の力を抜いたショスタコーヴィチも如何でしょうか!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64006679

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。