2007年12月23日

絶望クリスマス!− 独りで過ごす絶望名曲選!!

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
『さよなら絶望先生』第十一集が出てますよっ!早速読みました。電車の中で何箇所か声を上げて笑ってしまいました(←あぶないっ)。

「なにそれ?」という方に・・・高校を舞台とした糸色望という自虐を装う青年教師をめぐるギャグ漫画。内容は結構辛辣に世相を斬るものもありますが、絵柄もあってさわやかです。少々お色気なのは、まー少年・青年誌の漫画ですから!この絵柄が大正ロマンか昭和初期かってなもので、かつてあるけどかつてない味わいが良いものです。それで作者は殆どコンピュータ上で作画(アドビのイラストレーター)しているそうで、見てみれば確かにベジェ曲線の嵐です。でも、そんなこと言われなければ気づかない自然さ!

登場人物らのポーズがよく見ていると、さりげない絵なのですが性格なり感情を表していてうまいな〜と思います。わたしは内容も好きですが、絵柄も好きで買ってます。

これは本年夏頃にTVアニメ化されて12話が放送されました。お色気度はちょっと増すので好みは別れるかも知れませんが、止め絵手法が見事にはまっているのと、手抜きの無い絵の出来の良さが評判になりました。販売されているDVDはちょっとお値段がかかりますが、いずれレンタルでもでるでしょうから(もう出てる?)、ご興味があればお確かめを!少なくとも、前半5-6話分は良い出来と思います。

評判の高さで再度アニメ化も決定!来年の1月から放送とのこと。

*****

さてさてさて、という次第で・・・ってどういう次第?ですが、このクリスマスの楽しげな時期、独りで過ごされる方も多いと思います。

繰り返しますが、この時期独りで過ごされる方も多いと思います(私も含めて)。

ので!絶望先生に習って独り身を存分に味わう名曲選行ってみましょ〜!お持ちでない方も明日CD屋さんに行けば間に合いますよ!

寂しい冬と言えば、なんといってもシューベルトの歌曲集《冬の旅》。第1曲目のタイトルからして《おやすみ》です。恋に破れた主人公が愛する人に心の中でさよならを告げて旅立ちます。この後もシューベルト独特の繊細な和音の変化の名曲が続き、5曲目《菩提樹》に至れば寂しさも絶頂!雪に包まれて寒さの中、感覚も麻痺して、かつての思い出が心に暖かくよみがえる・・・そんな感じ・・・

フィシャー=ディースカウの名盤で聴くのが最適です。わたしはムーアとの共演できくことが多いですが、一番手に入りやすいのはバレンボイムとの録音かしら?

「その絶望はちょっとハードなんですけど、、、」という方には、フランクのヴァイオリン・ソナタはいかがでしょうか?冒頭からメランコリックなやさしく甘い旋律が琴線をゆさぶり、独りでじっと暗い部屋で聴いているといろんな思い出が蘇ってくるでしょう。

録音後70年以上経つというのにいまだ不動の定番といってもおかしくないティボー(Vn)/コルトー(Pf)の録音も大好きですが、音質がという方にはフェラス(Vn)/バルビゼ(Pf)!リンク先のBoxセットには、フォレのヴァイオリン・ソナタ他名曲がいろいろ入って居ますがどれも名演と思います。フェラスの節回しもせつせつと訴えますが、バルビゼのピアノによる曲の骨格作りがまた素晴らしいです。悲しくなります!

これに類似のメランコリックでやさしく甘いソフトな絶望にはショパンのワルツ第9番 Op.69-1などもあります。

独りをおもわせるうっすらとした悲しさはリパッティしか!と言いたいほど独特なもの

バルトークのピアノ協奏曲第3番ももってこいです。←どういう意味で!?

第一楽章は懐かしいような旋律で始まりますが、その内にいろんな夜の音が聴こえて来て、第二楽章に至ると闇夜に独りいるようで、人間界を忘れます。定番でいきましょう。やはり、ピアノのゲザ・アンダと指揮者フリッチャイの名録音

最後に!「絶望」と言っては忘れてはいけないマーラー交響曲第9番。あまりに繊細なガラス細工のような第一楽章で涙して、あとは泣きつかれて、第二楽章以降はなんだか記憶に残らないかも知れません・・・

この曲も有名な録音が多いのですが、やさしく繊細に包み込むのはやはりバルビローリがベルリン・フィルを指揮した名盤でしょうか。

では!また明日!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 22:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名盤・推薦盤!(含むDVD)
この記事へのコメント
mixiから飛びました!
せるげさん!!IEでみるとメニューのロールオーバーが切れてるぞ!!
でもシンプルで好きなCSSです。
htmlは文字化けで見れませんでした!

クラシックはショパンが好きです。子供のときはハチャトリの剣の舞とか騒がしいのが好きだったんですけど・・・・。
Posted by boo at 2007年12月24日 01:33
ども〜、いらっしゃいませ。

ここもLook4Wieck.comもシンプルなページ目指してます。こっちは元からあるCSSで、色合いやLink, hover等々だけちょこっと変えました。

IEのhoverの時のドット線のこと?っていま気づきました。ありがとう!押すとリンクついてるのに、ドット線がでてこない、、、

でも、何故だ!!ってIEそーゆーの多いんだもん、、、わかんないぞ〜(今回学校で初めてHTML/CSSいじった素人なのだっ)。

右サイドバーのRSSのとこの横幅も変だし、検索ページへのリンクの赤いバナー(じゃなくってBoxに色つけてるだけだけ)も形違うし、、、って直せないんだよね、マジで。

*****

ショパンの記事はまだそんなないけど、http://look4wieck.com/w/?p=84とか?

このブログだと、http://sergejo.seesaa.net/article/72977180.htmlの記事にあるリンク先はすごくいけてるよ!

お仕事大変で時間がないだろうけど、ほっと一息にみてくださいませっ

Posted by sergejo at 2007年12月24日 03:34
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74308719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。