2008年01月21日

現代作曲家ものを聴いてみようとは思うけれど・・・という方に!大井浩明氏の面白いインタビュー見つけました

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
現代ものも聴いてみようと思いながら、なかなか手が出せない方も多いかと存じます。わたくしも実際そんな一人です。

コンサートも有名どころに行くと現代ものはさしみのつま程度で(あってもベルクまでとか、武満氏だけとか・・・)、持っているCDでも現代物の占める割合は数パーセントといったところでしょう。

では、苦手かというと、得意ではないけれど、結構どこかで耳にすると聴いてしまったり・・・(素っ頓狂な声の歌ものは未だにどうにもダメですが・・・)

いずれにせよ聴いてみると聴けてしまうのであれば、なじみがないだけで苦手に思ってしまっているという面も多いかと思います。

そこでこういったギャップを埋めてくれそうな、良い記事がネット上にないかと探して見ました(元々、詳しい方ならご存知かも知れません。その点はご海恕ください!)。


インタビュアー(=聴き手)の口調がちょっと・・・思いますが、そこら辺は軽く流して読んで行くと、「誰のどの演奏から聴いてみようかなぁ」という案内にうまくなっていて面白いです。

こういうものをちょこちょこ読むうちに、段々慣れるんだろうなっ・・・と。

このピアニストの大井さんですが、以前Amazonで日本語で探したら何も引っかからなかったので、Look4Wieck.comの検索頁の演奏者リストに入れないままでしたが、今回ローマ字表記でいろいろ試したら何件かCDが出て来たので、早速追加しております。

不思議なのがOoi HiroakiでもHiroaki Ooiでもゼロ件ですが、いろいろ条件をつけたら3枚出てきました。ご興味あれば下のリンク先をぜひご覧下さい!

Amazon.co.jpでのクラシック音楽関連商品検索の模範例として具合がいいです(first nameを入れたり、引いたり、いろいろやってみるとけっこう見つかります。)。


検索結果は5件ですが、多分、バーンスタイン Bernstein と ホロヴィッツ HorowitzのCDはなにかの間違いと思って、3枚と勘定しています。

折角ですから、Look4Wieck.comの検索頁を使ったもう一例


輸入盤の検索は基本的に外国語表記を使います。ただし、国内盤も外国語表記の情報を入れているものは引っかかります。

ここら辺りの名前も全てリストに入っていますし、外国語表記もあるので、便利かなと(←宣伝です。)

関係あるようなないような話ですが、私もクラシックを聴き始めた30年弱前は国内盤を買ってましたが、途中から安くて、解説書が(一般的に)面白い輸入盤に切り替えました。最近は国内盤も随分やすくなってますし、国内でしか出ていないものも随分増えましたが・・・

「なんか輸入盤だと手がでにくいし、、、外国語の読み方とかわかんないし」

と思っていらっしゃる方がいらっしゃたら、ぜひLook4Wieck.comの検索頁をお試しくださいませ。

では!←今日も半分宣伝になってしまった。いつもお見えの方にはわたくしの商魂の発露は、適当に聞き流してくださいませっ
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。