2008年01月26日

じゃ〜いろんな演奏家を探そう!っとする前にPartIIです− 続々・・・クラシックを聴き始めよ〜という皆様へ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
一昨日に引き続きまして、いろんな演奏家を探そう!っとする”前に”・・・本日はパート2であります。いろんな演奏家を聴くのは、自分に会ってるのは誰かな〜と探すとか、いろんな演奏家のいろんな演奏を通してその曲のことを多角的にもっと知りたいとかなんとかかんとかそういうことだろうと思います。

となると、いろいろ聴くに越したことはないとなりますが、それについてその前にというか、平行してやっとくといいな〜と思うことがあります。

私なども通常聴くだけのもので、弦楽器なんて触ったこともないですし、スコア見て音が浮かぶなんてとてもとても・・・

とは言っても、自分自身が楽器を本格的に習うというのは正論ながら、実際それも中々難しいと思います。そこで、ある程度演奏者の常識というものが垣間見えそうなことで代用できないかなと。

専門家の常識が表に出てこないからよくわかんないってことは、結構あると思います。音楽と関係ないですが、以前好きで読んでいたジャンルの本で、さまざまな用語についてギリシャ語、ラテン語の語義の変遷について読んだらすんなり意味が判ったことがありました。経済学なども一般に流通する教科書で習っているだけだと逆によく判らなかったりしないかしら、、、

オーケストラならその練習風景など見学できるといいのでしょうね。公開練習って私は一度も行ったことがないのですが、そういう機会は日本にも多いのでしょうか?

公開講座などはいろいろ調べると結構見つかるので、そういうものに足を運ばれるのもいいかと思います。

音楽学校のwebsiteを先ず探して、その中に公開講座スケジュールなどとあるのを探すと良いと思います。

さすがこのご時世、www上にも良いものがいろいろあるようです。先日ご紹介した横山幸雄氏の上野学園ショパン公開講座は実に素晴らしいものでした。音型の繰り返しをどう表現するか、和音がどうでてきて、それをどう聴かせるか。左右の指を複雑に使いますから二声なんてことはありません。言葉で聞けば簡単そうなことでも具体的細にいろいろややこしくなってきます、、、これはショパンだけの話でなくて、なんにでも言えることでしょうから、こういうものを先に見ておくと益すること大と思います。闇雲にさまざま聴き回っても、自分で気づくことができるか難しいかも知れません。。。

DVDを探しても結構そういうものが出ています。下にいくつか挙げますが、購入はちょっと・・・という場合も、大きな図書館に置いてあれば安上がりです。大学図書館くらいでないとだめかも知れませんが・・・(中学高校生の皆様なら学校の図書館に購入申請など出せないでしょうか?内容的にもクリアーされやすいのでは?)

画面もあると取っ付きやすいし、記憶にも残ります。演奏者による違いが見た目でまざまざと判りやすいです。どこまでが演奏家の節回しで、どこが曲なり作曲家のスタイルなのかな〜と合ってる合ってないはどうであれ、いろいろと感じる手だてになろうかなと。

《名指揮者の軌跡》vol.1 の商品写真オーケストラなら先日このブログで取り上げた《名指揮者の軌跡》シリーズなどいい企画と思います。指揮者のドキュメントも探すといろいろでてきます。

《バレンボイムのマスタークラス》の商品写真ピアノならば、わたくしも何度も話題に取り上げていますが、例えばバレンボイムのマスタークラスDVD。これはNHKの衛星第二で放送もされています。既に四回目放送済みですが、これは6人の若手ピアニストへのマスタークラスですから、後二回残っているということでしょうか?TVで流されるなら、買わずにすますこともできます。購入の場合、言語は英語で、字幕はフランス語、ドイツ語、スペイン語であることにご注意ください。日本語版はまだないようです。

内容が高度かというと、和音がきちんとなってないとか、シンコペーションをちゃんと弾こうとか、フレージングはどのように考えて作って行けば良いのかといった割合基本的な話もたくさんでてきます。

《バレンボイムのマスタークラス》の商品写真ヴァイオリンだと、取っ付きやすい上に内容も素晴らしいのは、モンサンジョン制作の《アート・オブ・ヴァイオリン》。これは作品の解釈というのはないのですが、演奏家の特徴について、音色はどう、弾き方はどう、それこそ懐かしの思い出話など、(亡くなられた方もいますが)現役の演奏家がコメントするというもの。往年の名演奏家の貴重なVTRなど多数収録しているので、好みの演奏家を捜すことにも使えます。

コメンテーターは、メニューイン、イヴリー・ギトリス(物まね入り解説でウケます)、パールマン、イーダ・ヘンデル、ヒラリー・ハーン(若いのに一番真面目で分析的なコメントです)等々。

代表的なものを挙げましたが、他にも探すといろいろとあると思います。(←その際は、Look4Wieck.comの検索機能をご活用くださいというのは宣伝です。大人の事情です、ごめんなさい!)

こういったものは、たまに衛星で放送されることもあります。地上波でも教育TVのスーパーレッスンといった番組も楽しいものです。無料に越したことはないので、このブログでも気づく限り、放送日などご紹介したいと思います。

では、また明日!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。