2008年01月31日

本日1月31日はシューベルト(1797-1828)の誕生日です! − 名作・名盤・名著ご紹介です

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
本日1月31日はフランツ・シューベルトの誕生日です。シューベルトも歌曲《魔王》等々で結構親しい名前ながら、人物像というと今ひとつ印象が薄いです。あまり裕福でなく、歌曲ばかり書いている内に早死にしてしまった・・・極論すると、このくらいでしょうか?

ちょっとした言葉や逸話でぐんと親しみを感じたりするものですので、まずはそんなものを二つほど。

シューベルトを聴いていると、孤独から生まれるやさしさですとか、やさしさの中の強さといった言葉が浮かびますが、そういうイメージにふさわしい記述が日記の中に発見できます。

1824年3月27日の日記から

『シューベルトの手紙 −「ドキュメント・シューベルトの生涯より」』の商品写真他人の苦しみを理解するものは誰もいないし、他人の喜びを理解するものだって誰もいない!人はいつも、一緒に歩いていると信じているが、実は、ただ並んで歩いているだけだ。このことを認識するものには、おお、何という苦しみが待っていることだろう!

實吉 晴夫訳・解説『シューベルトの手紙 −「ドキュメント・シューベルトの生涯より」』

シューベルトは穏やかな性格で滅多に怒らなかったそうです。とある友人がシューベルトがめずらしく怒りを爆発させた模様を報告しています。ちょっと有名になってきた晩、オペラ座のオーケストラの面々と食事に行った際、ソロ・パートを書いてくれなどと擦り寄られたことがあったそうです。
『作曲家◎人と作品シリーズ シューベルト』の商品写真芸術家だって?君たちは楽師だ!それ以上の何者でもない!君たちはそれでも芸術だと呼ぶのか?それは手仕事だ、器用さだ、それで金を稼げるだろうが、それだけのことだ!きみたちが芸術家か!ぼくが芸術家なんだ、ぼくが!ぼくはシューベルトだ、全世界がその名を知っていてその名を呼ぶフランツ・シューベルトだ!君たちには全く理解できない大きい美しいものを作った男だ!芸術という言葉が語られるとすれば、それはぼくについてであって、独奏部分を要求する君たち虫けらや回虫についてではない。君たちの独奏用になどぼくは決して書きはしない。

村田千尋著『作曲家◎人と作品シリーズ シューベルト』

この話は元々はドイッチュ編『シューベルト − 友人達の回想』白水社に載っているそうですが、この本は長らく− 何十年もです! −絶版にして、古本もまず見当たらない状態(神田の古賀書店も「見たことないですよ」とのことです)。こういうところもクラシックが多少とも流行らしいのに残念な状況です。

東京のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンは今年シューベルトに焦点当てるといいますし、復刊になればいいのですが・・・

なお、この音楽之友社の作曲家◎人と作品シリーズは安価にして内容も充実していて、もちろん一冊ごとに出来具合に差はあるのですが概しておすすめです。

*****

シューベルトの名曲・名盤のご紹介となると、今回は弊ブログで初めて取り上げますから、私の趣味で器楽作曲家として側面を協調したいな・・・と交響曲第9番(第8番と言われることもあります) ハ長調 D.944と弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956で参りましょう!

スタジオ録音 フルトヴェングラー指揮 シューベルト交響曲ハ長調 D.944の商品写真先ずは交響曲。これは今更ここで推薦するまでもないとも思いますが、やはり、フルトヴェングラーのスタジオ録音の名盤。スタジオ録音ですから、ライブ盤の音の悪さでフルトヴェングラーを敬遠している方にもお試しになられてはという一枚。

生々しさ、激しさ、昂揚、自由なテンポの推移、絶妙なテーマの推移等々さまざまな美点が語られますが、どれも然りで、こういう録音に虜になったら中々抜け出すのは難しい、素晴らしい一枚です。

1942ライブ フルトヴェングラー指揮 シューベルト交響曲ハ長調 D.944の商品写真フルトヴェングラーには戦時中1942年のライブ録音もあって、これは特に第一楽章からして大伽藍が崩れ行くような凄みがあります。私などこの第一楽章だけで満足して、いつも止めてしまうほど。そういう意味ではスタジオ録音はきちんと終楽章に向けて、クライマックスを持って行く慎重さがあるということなのでしょうか???

ハ長調 D.944の交響曲については、シューマンの言葉を引用して“長さ”を云々する記述がいまだ多いのですが、あのシューマンのエッセイ全体がある一人の音楽家が、歴史に埋もれかけていた一人の音楽家を発見する感動の報告になっていて、その一言だけを引用するというのはちょっとどうかなと常々思うものです。

前にもうちょと長く引用した記事を書きましたので、お時間があればご覧の上、なにかの機会に全文お読みなることがあれば、さまざま得るものがあろうかと存じます。

さて、もう一曲の弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956チェロを二本入れた重厚な五重奏曲。こちらも柔和なメロディと繊細な和音の変化が心の機微に触れるといったシューベルトのイメージが変わるような壮大な曲です。

これについても今更ながらの往年の名盤になりますが、カザルスとヴェーグ四重奏団のライブ録音を推薦したいと思います。その生々しさ、躍動感が、曲の冒頭から惹き付けて離さない素晴らしいものになっています。商品写真がないのがなんとも残念です

2009年1月31日注:
輸入盤 ヴェラー四重奏団 Decca録音集1964-1970(8枚組)の商品写真シューベルトの弦楽五重奏曲で、「これはいい!」と思う録音を見つけました。輸入盤 ヴェラー四重奏団 Decca録音集1964-1970(8枚組)というセットに入っている録音。
上述のカザルス(Vc)とヴェーグSQの著名な録音の力強さとは、正反対で端整な演奏ですが、すっかり感動致しました。
セットものなので、この曲だけ聴くにはちょっと適さないのですが、四人のバランスが良く、丁寧で、きちんとアンサンブルしていると感じます。他の録音もすばらしい出来ですから、ぜひお手にどうぞ。
この録音の詳細については、
に曲目詳細等綴ってございます。

しかし、フルトヴェングラーにしても、カザルスにしても、実に独特で迫力があって、いまはこうした演奏は聴けない類いのものです。二十年前に手にして以来、どちらの録音もいまだ全く価値の衰えないもので、私より長く− 30年、40年あるいはもっと −聴いていらっしゃる方も、同じ思いの方が多いものと思います。

他にもいろいろ聴いてみてはいるものの、結局こちらを聴いてしまいます。。。

ではまた明日!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 作曲家の誕生日です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81623114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

シューベルトの手紙―「ドキュメント・シューベルトの生涯より」
Excerpt: シューベルトの手紙―「ドキュメント・シューベルトの生涯より」
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-26 08:44
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。