2008年02月09日

いろんな演奏家を探してみましょう!番外編 演奏家の書籍も面白い −クラシックを聴き始めよ〜という皆様へ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
さて、ここ数回さまざまな演奏家をどう探しましょう・・・ということで、批評家の書籍やDVDを中心にした探し方を長々書き綴って参りましたが、本日はその番外編で、演奏家の自身の著作も役に立ち、為になるなーという話です。

書籍 ブリューノ・モンサンジョン著『リヒテル』の商品写真演奏家の著作で面白いのは、演奏家ならではの解釈上の問題だったり、弾き方のこまごましたことだったり。なかなか門外漢には予想もつかない指摘が多く、それらは作曲家の話でもあれば、自分自身の演奏でもあり、また、結構他の演奏家についてのことだったりします。「へぇ〜この人が、こんな人を評価してるんだ!」という意外な発見多々あります。

直接的に次ぎに誰を聴くか・何を聴くかの参考にもなるものも多いですし、例えほんの数行でもきらりと光る一言があったりするものです。

例えば、私がアニー・フィッシャーの名前を知ったのは、右のリヒテルに関する著作です。我ながら単純なので、「リヒテルが誉めているからには、良い演奏家に違いないっ!」と信頼して、次にCDを買う際の参考に致しました。いまではあたかも自分で見つけたような口ぶりでご紹介しています・・・

勿論、演奏家の本全てが良いというわけでもなく、分析的に書く人も居れば、詩的に文章を綴る方もありますし、長々と書いても結構通り一遍のことかな〜と(生意気ながら)感じることもあれば、寸言ながら実に言い得て妙だということもあります。どういう事情だか、次から次へと著作が出てくる演奏家も居らしたり・・・いずれにせよ私自身の経験では面白いな〜と思うことが多いです。

では具体例!

上に挙げたブリューノ・モンサンジョン著『リヒテル』は、前半が同じくモンサンジョン製作のDVD『〈謎(エニグマ)〉~甦るロシアの巨人』に該当し、後半はリヒテル本人による演奏会やCDの寸評をひたすら挙げています。

前半では、プロコフィエフやショスタコーヴィチら同時代の作曲家に関する貴重な証言があり、また、指揮者ムラヴィンスキーやヴァイオリニスト ダヴィッド・オイストラフの思い出話が出てきます。

後半の寸評も実に素晴らしいものです。ヴァイオリニストのオレグ・カガン、指揮者バルシャイ、いまではすっかり名前が知られるようになったピアニスト ヴェデルニコフ他、20世紀後半のロシア人演奏家に対する感想がずらりと並んでいますし、グールド、アニー・フィッシャー、カルロス・クライバーら西洋の演奏家に対する感想もそこかしこに出てきます。フルトヴェングラーに大変心酔していたのが非常に印象的でした。

高い書籍ですが、それだけの価値は十二分にあると思います。CD評については概ね何年の録音というところまで書いてあるので、次になにを聴くかの参考にするに不便はないと思います。

DVD『〈謎(エニグマ)〉~甦るロシアの巨人』の商品写真DVDの方は、貴重な映像と肉声が聴けるので、書籍版を持っていても十分楽しめるもの(逆もまた然りで、DVDを見た後でも、書籍版は楽しめます)。わたし自身どちらも持っております。

翻訳の文体がわりときちっとしているので、本を読んでいると、リヒテルについてきちっとした大人物といった印象を受けましたが映像で見ると、時に沈鬱そうだったり、幻想詩人(?)のようだったり、お茶目な老人だったり、いろいろ印象も変わってくると思います。

書籍『対話録「さすらい人」ブレンデル リストからモーツァルトへの道程 』の商品写真さて、面白い演奏家の書籍をピアニストで続けるとアルフレッド・ブレンデル『対話録「さすらい人」ブレンデル リストからモーツァルトへの道程 』はさながら往年の名演奏家案内・名曲案内ともなっています。

ピアニストなら、コルトー、エドウィン・フィッシャー、ケンプの話が多く出てきますが、「指が回らない。メカニックに弱い」で片付けられることも多いので、これを読んだ時、強い味方を得た思いでした。

ちょっと引用しますと、例えば、エドウィン・フィッシャーについて、時々リズムが走り出すことがあると指摘しながら、

しかしそれがひじょうにおもしろく、刺激的な効果を生むこともあります。そのもう一方で、フィッシャーは誰よりも聴き手に安らぎを与えるのがうまい演奏家でした。音が静かに浮かんでくるバッハなどがその良い例ですが、節々に拍子ごとに重いアクセントをつけることが多い今日のバッハ演奏とは完全に逆のことが行われていました。

わたしも、単にCDを聴きながしているだけのいい加減な音楽好きですが、こういう言葉を読むと、では聴き比べてみよう・・・その為に最近のバッハ演奏もちょっと買い足してみようかな・・・楽譜も買ってくるか・・・とか、そんなことを致します。

以前にこのブログでご紹介したディヌ・リパッティの評伝もそういう楽しみ方ができる本ですね。

今後とも、音楽家の書籍を出来る限りご紹介して参りますので、図書館などに行かれる際はちょっと思い出していただければ幸いです。

ではまた明日!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83156655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。