2008年02月18日

衛星第2放送のバレンボイム マスタークラス第五回 − 生徒シャイ・ウォスネル Shai Wosner その一

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
今回、2008年2月に放送されたバレンボイムのマスタークラス第五回はいつもに増して大変面白いものでした。生徒はイスラエル出身のシャイ・ウォスネル Shai Wosner1999年エリザベト王妃国際コンクールで第4位に入賞の若手ピアニスト。課題の曲はべートーヴェンのピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 Op.31《テンペスト》の第1楽章

昨日の記事でもリンクをつけましたが、下記の米国ラジオ曲のwebsiteでインタビューと演奏が聴けます。曲目には《テンペスト》も入っています。

Saint Paul Sundayのシャイ・ウォスネル特集

まず生徒が弾いてから、バレンボイムが矢継ぎ早に指摘ないしは議論を進める・・・というのが番組の基本ですが、今回はウォスネルさんの演奏がかなりまとまりもよく全体として面白いもの。会場の拍手もいつもと違ったように聴こえました。

上にリンクしたラジオ番組での同曲の演奏に比較すれば、細部でリズムに乱れが生じて、ほんのちょっとぎこちなかったという程度だったと思います。「こういう場合、どんなレッスンになるのだろう」という興味が湧きました。

バレンボイムはまず、和声感も出ているし、構成もきちっと検討されている、ブラヴォーというコメント。そして、全体的に構成がうまく行っている場合も、「その中で他にどういう自由な表現ができるかを探っていけば、ひるがえって構成をより把握できるようになる」と続けます。

今回、ウォスネル氏の演奏にかなり細かく入って行ったのですが、まとめてしまうといつものレッスンと変わらなく下のようなところになります。

  • 和声感は出ている。不協和音の音もきちんとどういう音をならすかコントロールするように。
  • リズム・テンポの正確さを各所で注意。焦っているようだったり、ばらついたりとならないように。
  • ペダルの使い方の細かいところを諸々。
  • 大きなラインをどう捉えるか、そのクライマックスをきちんと最大にするための細かい指摘

DVD バレンボイムのマスタークラス(2枚組) の商品写真この最後の四つ目に割と多く時間が割かれ、リズム、テンポ、アーティキュレーション、音色・音の透明度、音量等々どこを同じにして、どこでどう変えて行くか・・・バレンボイムとウォスネルのやり取りは各テーマのその弾き方はどうこうと大変細かくなります。

これについては、ぜひバレンボイムのマスタークラスのDVDなどでご確認頂ければ面白い指摘が多く発見できると思います。

一言で言うと、この日の内容は、ウォスネルさんに対して、もっとダイナミックで幻想味のある演奏を試したらと促したものと言えるでしょうか?音楽での語らせ方に細かくわけいったとも言い換えられると思います。私はこのDVDを持っておりますが、全部は見切れて無かったのですっかり楽しみました。

ウォスネルさんのCDは手に入るものが少ないのですが、YouTube映像は結構あります。下記のリンク先はAmazon.co.jpのCDになっております。

シャイ・ウォスネル Shai Wosnerさんの録音・映像検索

YouTube映像を探されたい時は、開いた頁情報の検索対象を YouTube ○ 映像 をクリックして再度検索ボタンを押していただければ幾つか出てきます。

*****

レッスン後には会場との質疑応答がありますが、今回それがまた大変興味深いもの!

ちょっと長くなりましたので、それについてはまた明日!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。