2008年03月11日

昨晩はアンドラーシュ・シフのピアノ・リサイタルに行って参りました − 於新宿オペラシティ コンサートホール

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
シフ演奏 シューベルト ピアノ・ソナタ全集の商品写真昨晩は新宿のオペラシティのコンサートホールに9年ぶりの来日となるアンドラーシュ・シフのコンサートに行って参りました。

昨日平均年齢60歳のコンサートを書きましたが、今回は40歳くらい?随分違うものです。

プログラムは

  • シューマン:パピヨン Op.2
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調《テンペスト》Op.31-2
  • シューマン:幻想曲 ハ長調 Op.17
  • 休憩
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調《ワルトシュタイン》Op.53
  • 以下、アンコール
  • バッハ:フランス組曲第5番 ト長調 BWV816
  • シューベルト:ハンガリー風メロディ ロ短調 D817
  • バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
  • シューマン:アラベスク ハ長調 Op.18

アンコールは一部でなく全曲弾いたので、公演終了は22:00。久しぶりの公演で、聴衆の拍手も盛ん。シフ自身きびきびと舞台に戻ってさっと弾き始めましたから、この人はピアノを弾くのが好きなんだな〜、ピアノの音が好きなんだな〜と思わせるものでした。私自身は用事があって、休憩の後の《ワルトシュタイン》から聴いています。

私はシフの良い聴き手でないのです − そもそも、何事も生半可通であります!− が、このコンサートは、ピアノの音を楽しむと割り切って居りました。その点、シフが響かせる音は、実にどこを切ってもプロの音で、音色の多彩さは見事なもの。

音色を脇に置いて話をすれば、好みは別れる演奏家かも知れません。といっても、私が当日聴き始めたべートーヴェンとアンコールの四曲では、随分曲作りが違っていました。

シフ演奏 J.S.バッハ フランス組曲の商品写真アンコールでは比較的正統的演奏で、例えば、バッハのフランス組曲では、可愛らしく、快活なまさに舞曲という風味が、シューベルトではメランコリックな寂寥感がよく出ていました。明確なフレージングでもなくて、さりげなく爽やかな演奏で、自ら楽しんでいるなぁと感じました。そうそう、両手の親指立てての挨拶などもされていて、結構愛嬌のある方なのかしら???

対して、べートーヴェンはシンコペーションの強調や、パッセージの中に隠れた音型、隠れた和音を強調したり、左手の連打音のかなりの強調などなど、さまざまアイディアを盛り込んだ演奏。いわゆる正統的なべートーヴェンの演奏に聴くような大きな曲の構成はあまり判らず、ちょっとバラバラと感じるとこがなくはないかなと・・・

響きの聴かせどころを作るのだと思うのですが、ワンテンポのずらした入りやルバートに、「そこできちっとテンポ守らないと曲としての楽しみが・・・」と思った部分は正直多いです。ただ、べートーヴェンのソナタは既にどういう曲かは誰しも知っているもので、その点、思い切った崩しも良しということかも知れません。

・・・かくなる次第で、私自身は音色そのものとか、部分部分のアイディアを楽しむという聴き方でした。アンコールの曲とべートーヴェンの弾き方の差が不思議だな〜と。でも、そういうシフの個性的な節回しも好きならば、この上無いコンサートだったのはよく判ります。

シフ演奏 J.S.バッハ ゴルトベルク変奏曲の商品写真シフと言えばベーゼンドルファーですが、ベーゼンドルファーと一言で言っても時代時代でいろいろあって、これまた深い世界だと思います。私はその点もまったく門外漢ですが、さすがに生演奏だと、CDとは違って、ふくよかで、くすんだ色合いがはっきり判って楽しめました。

シフのレコードも、さすが現代の大家だけあってたくさん出ています。

Amazon.co.jpのシフのCD一覧 via Look4Wieck.com検索頁

昨日のべートーヴェンも大好きという場合は、もうなんでもお薦め!まだお持ちでない場合は、バッハ(ゴールドベルクイギリス組曲もいろいろあります)かシューベルトのソナタ全集などは如何かと思います。

もし、昨日のべートーヴェンのような演奏だとちょっと苦手だけれど、いろいろ聴いてみたいという方には、やはりバッハでしょうか?

ではまた次回!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89169151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。