2008年04月14日

2008年1月〜3月に売れたクラシック音楽のCD/DVD/書籍から! vol.2 − 本日は気ままにPickUp!

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
さてさて2008年1月〜3月に売れたクラシック音楽のCD/DVD/書籍から!vol.1 の続きで、前回はランキング形式のご紹介を致しましたが、今回は気ままにPickUp!していきたいと思います。

やっぱり、ポリーニは人気です。取り上げたのはLook4Wieck.comの名演奏家PickUp!で一度きりですが、継続的にお買い上げがあります。

この三ヶ月で言うと、例えば、シューマン:交響的練習曲とアラベスクを入れた一枚、そして、ストラヴィンスキー:《ペトルーシュカ》からの3楽章他を入れたもの

私もポリーニを実演(・・・何度もというほどではないですが)、録音と聴いて、やはりこの時代のこの二枚、そして、ショパンの練習曲は格別かなと思います。冴えた技巧という点だけでなく、いわゆる作曲家のスタイルにも十二分に適うものかなと。「ポリーニはどうも」という方にも、「これだけはせめて!」と薦めてしまいます。

M.ポリーニ(P) ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章他の商品写真このシューマンなど、若々しくって、情熱的で、時にうっとりするようなところは実にシューマンですし、その上、他の演奏家にはないきらびやかさ!

《ペトルーシュカ》も今更何を言うべくもない名録音で、いまでもCDに掛けると、その目覚ましさ、快活さに、自然笑いが起こって来ます。

Look4Wieck.comのいろんなところでクラシックの記事をご参考にして下さったのかしらと思いますのが(間違っていたらごめんなさい!)、

S.スクロヴァチェフスキ指揮 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番他 の商品写真ハチャトゥリアン《ガイーヌ》&ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
A.ドラティ指揮 / ロンドン交響楽団(ハチャトゥリアン), S.スクロヴァチェフスキ指揮 / ミネアポリス交響楽団 (ショスタコーヴィチ)
関連記事:
ドラマ『結婚できない男』名曲選! vol.1


マーラー: 交響曲第8番《千人の交響曲》
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮 / シカゴ交響楽団
L.ポップ、H.ハーパー、Y.ミントン他
国内盤
輸入盤
交響曲全集 国内盤
関連記事:
TVアニメ 石原立也監督 『涼宮ハルヒの憂鬱』 (2006年、日本) 〜 《涼宮ハルヒの憂鬱 VI》から


その他、Look4Wieck.comかブログの記事がお役立ちになっていれば!と思うものは(ついついそう願ってしまいますが、)

S.スクロヴァチェフスキ指揮 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番他 の商品写真ブラームス:ピアノ五重奏曲
ブダペスト弦楽四重奏団, ルドルフ・ゼルキン(P)
関連記事:
Look4Wieck.comの名演奏家PickUp! ブダペスト弦楽四重奏団 :: Budapest String Quartet
先日は横山幸雄・矢部達哉とその仲間達(?)の室内楽コンサートに行って参りました


EMIフォレ室内楽全集 の商品写真EMI フォレ室内楽全集
C.フェラス(Vn), A.ドゥメイ(Vn), P.ルトゥリエ(Vc), P.バルビゼ(P), S.フランソワ(P), E.ハイドシェック(P),J=P.コラール(P),パレナン四重奏団他

関連記事:
ベルトラン・タヴェルニエ監督 『田舎の日曜日』 (1984年、仏)
先日は横山幸雄・矢部達哉とその仲間達(?)の室内楽コンサートに行って参りました


上の二つに関連しているコンサート感想記事では、迂闊&粗忽なことを書いてしまい、怒り度50%なコメントを頂戴致しました。

念のため、私も優れた演奏家と感じるので、誉める記事もいくつも書いておりますし、チケット情報も得難いので横山氏についてはファンクラブに入って居ります。ただまぁ、あんな程度の感想を持つ私ですから、誉めてたってポイントがずれているでしょう。

いろいろ注意しておりますが、たまーにネガティブなことを書くと、ピンポイントで怒り度の高いコメントがあります、が、正直「勘弁してください〜」と思います。「ま、そういうこともあるでしょうなー」と判断して初めてては居るのですが・・・

・・・この手の“論難→弁明”は、コミュニケーションのスタイルとしてどうかしら・・・別にここだけの話でなく、方々で常々思います。

さて!

ついつい語ってしまったフリをした本音は兎も角、話を元に戻しまして!全集ものが出て来たので、その他お買い上げ頂いた全集ものに参りましょう。これらについては、特に記事が契機にということもないかなと思いますが、関連記事は一応載せますと。

コルトー(P) ショパン作品集の商品写真ショパン作品集
A.コルトー(P)


関連記事:
本日3月1日はフレデリック・ショパンの誕生日です! − 名盤のご紹介 練習曲 Op.10&25・前奏曲 Op.28


A.シフ(P) シューベルト ピアノ・ソナタ全集の商品写真シューベルト ピアノ・ソナタ全集
A.シフ(P)


関連記事:
昨晩はアンドラーシュ・シフのピアノ・リサイタルに行って参りました − 於新宿オペラシティ コンサートホール


そのような全集でも、昨年から考えると数セットと出ていて、単一アイテムではRCAのラフマニノフ全録音集と同じ売れ筋なのが、

W.バックハウス(P) べートーヴェン ピアノ・ソナタ全集の商品写真べートーヴェン ピアノ・ソナタ全集(ステレオ録音・新全集)
W. バックハウス(P)

関連記事:
Look4Wieck.comの名演奏家PickUp! ウィルヘルム・バックハウス :: Wilhelm Backhaus


私も一番最初に聴いたべートーヴェンのピアノ・ソナタ全集はバックハウスで、いまでもよく聴くものです。奇抜なところがなくて、和音がしっかりなっていて、全体的な流れもきちっと聴こえて来て、やっぱり素晴らしいものと思います。晩年の録音ですから、若い頃の録音よりも指が多少まわらないところもところどころある・・・ということは、考慮に入れても、十二分に面白いものではないかと思います。

A.フィッシャー(P) べートーヴェン ピアノ・ソナタ全集の商品写真べートーヴェンのピアノ・ソナタ全集でスタンダードな演奏にして名盤は?と問われたら、やっぱり、バックハウスか、もう一つは、これはまだ売れたことはないのですが、アニー・フィッシャーのものを選ぶのかな・・・と思います。

このA.フィッシャーの全集については、聴かれたことがなければ、ぜひ!とお薦めしたいもの。女性ピアニストの全集という意味でもめずらしいのですが、男女のどうなどは聴き始めればどうでも良くなる演奏で、和音感・構築感は「これこそベートーヴェン!」と思うような見事なもの。

きちっとしていて、雄大で、時に情熱的で、また、幻想的で・・・A.フィッシャーはしっかりしているだけでなく、このファンタジーがまた素晴らしいと思います。べートーヴェンの最後の三つのソナタが、しっくりくるものが自分に取って余り無いのですが、A.フィッシャーの演奏は大変気に入っています。

*****

長くなりましたが、もう少しおつきあいください。

Look4Wieck.comの検索頁をお使いいただけたら嬉しい!と思いますのが、

アンスネス独奏 バラード・フォー・グリーグの商品写真バラード・フォー・グリーグ
レイフ・オヴェ・アンスネス(P), マリス・ヤンソンス指揮 / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


アーノンクール指揮 ヘンデル:メサイア(全曲) [Hybrid SACD] の商品写真べートーヴェン ピアノ・ソナタ全集(ステレオ録音・新全集)
N.アーノンクール指揮 / コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン, K.シェーファー, A.ラーソン, M.シャーデ, G.フィンレイ他


B.ワルター指揮 Famous Mahler&Bruckner Symphoniesの商品写真Original Jacket Collection Famous Mahler&Bruckner Symphonies
B.ワルター指揮 / ニューヨーク・フィルハーモニック、コロンビア交響楽団、M.リプトン、M. ミラー

曲目詳細は、Amazon.comを見られると判ります。


Works of Igor Stravinsky [Box set]の商品写真最後のワルターのものは、オリジナル・ジャケット・コレクション The Original Jacket Collectionといって、他にG.セル指揮のモーァルトや、ストラヴィンスキーの自作自演録音集(ストラヴィンスキーについては価格的にも同じSONYのWorks of Igor Stravinsky [Box set] が断然お得です)、 ヤッシャ・ハイフェッツ録音集などさまざまリリースされて居りますが、一枚当たりの価格的にもなかなか良いもの。

先日も書きましたが、単品で何か買われる際に、こういったBoxをまず探すのは、今や欠かせない作業と思います。自分など、かつてのCD3,000円時代の苦労(・・・といいますか、羨望のまなざしだけで聴けませんでした)が染み付いているので、実に有り難い時代だな、、、と思ってしまいます。

"SONY Box"のキーワードで検索してみる
"RCA Box"のキーワードで検索してみる

Amazon.co.jpのベストセラー順の表示で、逐次改訂されますが、今現在RCA Boxの方が、ビンゲン Hildegard von Bingenが2位ってすごいですね!

では本日はこの辺りで!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
この記事へのコメント
シューベルトの全集は涎が出ますが・・・
じつは、大きな楽譜の買い物をするかどうかの瀬戸際にたたされています。。。

ああ、でも、聴きたい、全部のソナタを!
Posted by ken at 2008年04月14日 22:55
(先ほど書いたもの、ジャケット見て確かめて訂正します)

http://look4wieck.com/w/?p=141の記事に取り上げたのですが、私もシフの全集(19曲)は借りて聴いただけで、楽譜の異動およびシフが反復を全て繰り返しているのに対し、ケンプ(18曲)がどうしているかは不明なのですが、曲数だけで考えると、ケンプは収録曲数が一曲少ないだけです。違いは、

 シフには第8番嬰ヘ短調D.571(未完)が入っているが、
 ケンプはなし。

なので、特に好みがなければどちらでもよく、その場合、ケンプの価格が1/3というのが大変魅力的!

*****

わたしの好みですと、シフがちょっと苦手で、シューベルトに関しては、ケンプも全編柔らかすぎるかな〜と思うのですが、、、価格で決めました。
Posted by sergejO at 2008年04月15日 00:07
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。