2008年05月01日

Amazon.co.jpにてストラヴィンスキー自作自演集 Works of Stravinsky が安いのであります!

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
今月のお買い物をしていて発見しました。ご存知でしたらすみませんっ
 
Works of Igor Stravinsky(22枚組)

Works of Igor Stravinsky(22枚組)の商品写真が、2008年5月1日現在3,771円という価格でした!ちょっと前まで5,000円代だったと思いますから為替の動きで価格改定されたんですね。お買い得品ご紹介もmy missionということであります。

これはストラヴィンスキーの指揮がほとんどを占めているはずなのですが、22枚組ということですから、《火の鳥》《ペトルーシュカ》《春の祭典》あたりの舞踏用アバンギャルド作品から、なかなかいま録音が手に入り難い晩年の宗教曲まで、いろいろ詰まったBox set。

にもかかわらず、CD2枚分のお値段・・・であります。

ストラヴィンスキーファンは持っていたいのはやまやまでしょうし、私のように特にファンでなくても、ちょっと手元にあればな〜というものでありましょう。

ストラヴィンスキーは聴いたことがないという方にも、この価格でいろいろ手に入ってしまうなら、お試し用にしてそれ以上のものになります。

私が最近みまわった限り実店舗でこの価格はなかったです。納期は長いですが、5週間なら丁度来月のストラヴィンスキーの誕生日6月17日頃に届くかなっと。

もし、連休中に外出するようなことがあったら、ちょっとお店の価格と比較してみるのも良いかもですね(なんとなく、最近Amazonが価格で攻勢に出て来たような感じがしています)。

ではまた次回!
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 21:01 | Comment(6) | TrackBack(0) | 名盤・推薦盤!(含むDVD)
この記事へのコメント
この、自作自演盤の多い人でも、22枚組とは新記録かな!?

それにしても、なんでこういう価格に出来るんでしょう!
Posted by ken at 2008年05月02日 07:43
自作自演盤枚数ランキング!って企画もありかも!?ですね。

米国盤見たら、34ドルくらいだから、元々こんなにやすいのですね。うーーん。1882年6月17日 - 1971年4月6日だから、録音の大半も50年たってないでしょうし。良心的に解釈すると、色んな人がコミッションを放棄しているのかな・・・と思いました。

自作自演って結構探し難いですよね。。。
検索しても、performerとcomposerを区別しないし、、、
Posted by sergejo at 2008年05月02日 13:54
>自作自演って結構探し難い

そのくせ、店頭でひょい、と見かけたりするんですよね。
こないだ、ドビュッシーなんてのがありました。
こういうのは見つけたとき即購入しないと、すぐなくなる。
一度後悔したのがホルストの「惑星」自作自演でしたが、あとでNAXOSで出たので安心したことがあります。

いまのところ、サン=サーンス、シャミナード、レスピーギ、ラヴェル(これは「指揮」ということになっていて、ホンモノかどうか怪しい)、ヴォーン=ウィリアムス(指揮)、ショスタコーヴィチ、ハチャトリャン(指揮)、グラズノフ(指揮)、プロコフィエフ(指揮)、R.シュトラウス(指揮)、ラフマニノフ、ガーシュウィン(後の3人は多く出ている方ですね)・・・くらいは買っちゃったかな。
レハールとかウォルトンとかは躊躇して買わないでしまいましたけれど。

Posted by ken at 2008年05月02日 18:28
大物ではバルトーク自作自演もありますね♪

アメリカのどこだったかのピアノロールの自作自演シリーズもちょこちょこ買ってます。

そうそう、私もラヴェル指揮マルグリット・ロンでしたか、買ってしまってます←しかもいまこの瞬間まで疑ってなかったです!!

最近の買い物では、カバレフスキー指揮とそうそうアイヴズ自作自演。アイヴズはちょっと楽しみに待ってます。
Posted by sergejo at 2008年05月03日 02:52
そうそう、バルトークをすっかり忘れていました。
奥さんと交代でピアノを弾いている(交代というのは別に録音の配置のことだけですけど)と、晩年にシゲティの伴奏でベートーヴェンと自作のソナタを録音したものは買いました。
すんだ音のするピアノを弾く人だなあ、と感激しました。

カバレフスキーは人間性がいまいち好きになれないので買わずじまい。
アイヴズ、出るんですか? よさそうだなあ。
Posted by ken at 2008年05月06日 21:05
>(バルトーク)すんだ音のするピアノを弾く人だなあ、と感激しました。

同感です!ミクロコスモスもバルトークの演奏好きです!

あのシゲティとの共演も好みです。

澄んだ音の自作自演というと、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲の入ったEMIもいいですよね!あの人は、絶対に渋い顔をしていたと思ったら、突然破顔一笑する人だと思いました。
Posted by sergejo at 2008年05月06日 21:26
コメントを書く
お名前: ハンドルネーム可です

メールアドレス: 未入力OKです

ウェブサイトURL: 未入力OKです

コメント: ご随意に!

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95325612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。