かるちゅーら・あにみの記事カテゴリ一覧
2009年05月13日

ジャン=ミシェル・ネクトゥー著『ガブリエル・フォーレ 1845‐1924』再発売!

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

ジャン=ミシェル・ネクトゥー著『ガブリエル・フォーレ 1845‐1924』のAmazonの商品頁を開く昨日、5月12日は、フランス19世紀の作曲家ガブリエル・フォーレ Gabriel Fauré(1845-1923)の誕生日でした。

昨年のこの機会にも引用した言葉を今一度。

フォーレの作品は過渡期の様相を呈しているが、彼はまずロマン派の語法を取り入れ、次いで和声に重大な刷新をもたらした。
フォーレとシャブリエなくして、ラヴェルとドビュッシーの作品を理解することは不可能である。別の言い方をすれば、フォーレは十九世紀の音楽家であると同時に、二十世紀の古典的存在なのである。
彼の晩年のいくつかの作品に見いだされるその語法には、もはや前世紀の面影は存在しない。

ジャン=ミシェル・ネクトゥー著『ガブリエル・フォーレ 1845‐1924』 p.14

さて、嬉しいのはこの ジャン=ミシェル・ネクトゥー著『ガブリエル・フォーレ 1845‐1924』 が2008年10月に復刊になっていたこと!

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2009年04月05日

ミシェル・シェヴィ著『大指揮者 カール・シューリヒト 生涯と芸術』

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

ミシェル・シェヴィ 著『大指揮者 カール・シューリヒト 生涯と芸術』のAmazonの商品頁を開く2009年2月に刊行されたミシェル・シェヴィ 著『大指揮者 カール・シューリヒト 生涯と芸術』を読み終えたので、つたない感想を。

本書原題は、Carl Schuricht 1880-1967 le rêve accompli(適えた夢)。

シューリヒトの伝記がなくて、私も好きな指揮者だけに「なにかないか・・・」と長年思っていた中での書籍。飛びついて読んでみました。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2009年02月21日

アルトゥーロ・トスカニーニ:同時代の指揮者・演奏家の批評から 指揮者オットー・クレンペラー

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

引き続き、往年の名指揮者トスカニーニについての同時代の指揮者・演奏家の言葉をご紹介しながら、「プロの方もこういう見方をするのか・・・」、「いろいろなものの見方があるなぁ・・・」と体感する企画です。

英書Conversation with Klempererの商品写真本日は指揮者オットー・クレンペラー(Otto Klemperer 1885-1973)がトスカニーニをどう判断したか。それは邦訳で、ピーターヘイワース編『クレンペラーとの対話』にありますが、リンク先ご覧の通り、現時点では、中古のみにしてその値付けが・・・。何十年と神田の古書街をあるいた小生としては、はなはだ疑問な価格です。

英語版のPeter Heyworth ed., Conversations with Klempererもあって、これが存外読み易いので、お手に取られる際はこちらもご一考を。小生も英語版しか読んで居らず、ページ数などもすべて英語版に従って居ります。

指揮者クレンペラによるトスカニーニ評:『クレンペラーとの対話』

最初にトスカニーニの話が出てくるのは、指揮者兼作曲家のグスタフ・マーラーがトスカニーニを聞いた感想の話。アルマ・マーラーから伝え聞いた由。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2009年02月20日

アルトゥーロ・トスカニーニについて:同時代の指揮者・演奏家の批評から 元ウィーン・フィル楽団長 オットー・シュトラッサー

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

引き続き、往年の名指揮者トスカニーニについて。昨日から、音楽家がどんな風に感じて、ものを評価するかの些細な実例紹介も兼ねて、トスカニーニに関する同時代の音楽家の評価から三人の文章を取り上げて居ります。

世間的には、手放しの賞賛、さもなくば坊主憎けりゃの類いの全否定が結構多いと感じます。しかし、絶賛を浴びた指揮者も、部分部分善し悪し双方を評価している声もあると見れば、「いい」のか、「わるい」のか迷っている方も、ちょっとホッとするものかと(わたくし自身の経験がそうだった・・・というまでであります)。

オットー・シュトラッサー著『栄光のウィーン・フィル―前楽団長が綴る半世紀の歴史』の商品写真本日は、ウィーン・フィルで長らく楽団長を務めたオットー・シュトラッサーのトスカニーニ評。シュトラッサーの回顧録『栄光のウィーン・フィル―前楽団長が綴る半世紀の歴史』の中に、一章を割いての記述があります。

この著作、古本でしか手に入らないのが残念ですが、ウィーン・フィルの活動の模様はもちろんのこと、一見、八方丸く収めた記述の中に、共演した指揮者の特質、シュトラッサーによる評価が示されております。トスカニーニやフルトヴェングラーのほか、クナッパーツブッシュ、ベーム、カラヤン、フリッチャイその他、大勢の指揮者が登場。自分の好みの指揮者を見つけるにも中々の好著と存じます。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 名著ご案内!
2009年02月19日

アルトゥーロ・トスカニーニについて:同時代の指揮者・演奏家の批評から ヴィルヘルム・フルトヴェングラー

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

前回、この月曜日に衛星放送BS2で放送されたイタリアの往年の指揮者アルトゥーロ・トスカニーニ(Arturo Toskanini 1867-1957)のドキュメントについて、簡単にご紹介いたしましたが、その流れでトスカニーニについて語っている同時代の指揮者・演奏家の批評を幾つかご紹介しようと思います。

W.フルトヴェングラー著『フルトヴェングラーの手記』の商品写真三人の人物の著作を取り上げますが、指揮者のヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ウィーン・フィルで長らく楽団長を務めたオットー・シュトラッサー、そして、再び指揮者からオットー・クレンペラー。それぞれ、さまざま温度差はありますが、コンサート用作品に関してはその解釈に疑問はあるけれど、オペラにはもっと長所を感じ、何はともあれ、音色や響きには感心を示していたのが面白いことでした。

こういった領域は、きちっと楽譜を開いて・・・開いても「録音はこの音がはずれている」と間違い探しだけでは詮無い事で、楽譜が一体どういう類いのどんな校訂のものか理解して、その上で、きちっと楽譜が音楽的に読めていないと、上の三人の批評も手前勝手に(文学的な)言葉で判断してしまい兼ねないものでしょう。音楽的に読むといっても、これまたややこしい世界です。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2009年01月14日

新刊のご案内:玉木宏樹著『クラシック埋蔵金』− タイトルの印象に反して(?)真面目な本です

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

玉木宏樹著『クラシック埋蔵金』の商品写真このようなブログを運営していて、先日、初めて「著書を紹介してくれまいか・・・」という書き込みを頂き、私としても素人の横好きという立場を利用して、好き勝手書いて居りますので、「どうしよう・・・」と、気にかかって居りました。

その書籍は、玉木宏樹氏による『クラシック埋蔵金』。著者の玉木宏樹氏については、冗談音楽でご存知の方も多いことと存じます。

年末は出費も嵩み、、、と思っていたところ、ひょんなことで図書券が当たったので、これは良い機会!と早速買って読んでみました。

内容は、さまざまな時代、国の作曲家から、なかなか名前も聞く事がない150曲を選び、作曲家のちょっとしたエピソードや曲の印象を、1曲1頁の割合で、淡々と紹介したもの。無理矢理面白く思わせようと著者の妄想的言辞で楽しませる・・・といったごり押しは全然なく、非常にあっさりしています。一度書見されれば、この点、好感を持たれる方も多いのでは?

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 23:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年10月29日

音楽家は語る−指揮者の言葉から フルトヴェングラー、クレンペラー、チェリビダッケ、アーノンクールほか

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

本日は、音楽家は語る の続きと参ります。

いつもご覧いただいている皆様には蛇足ながら、音楽家は語る とは、クラシックおすすめ名曲・名盤情報&ショップサイト Look4Wieck.comのTop頁に掲げているコーナー。作曲家・演奏家を問わず、音楽家の著作から、抜いて来た言葉をランダムに表示しております。出版されている書籍が、作曲家、指揮者、ピアニストのものが多く、引用もそれらからとなることが多くなってしまいますが、いずれにせよ、意外な人物への評価、作品鑑賞へのヒント、ユーモラスな逸話などなど、楽しんでいただければ幸いです。

私の周囲のクラシック好きは、意外に音楽家の本を読まないのですが、音楽関連書は初版限りで在庫切れになることが多いので、世間的にもそうなのかな・・・と。音楽家は語る、「ちょっと本を読もうかな?」という機会になれば、幸いです。

今現在、ランダムだとどんな言葉を載せているか見つけ難いので、このブログで載せた言葉をすべて紹介しているところ。時々、思い返したように、やっております。過去の類似記事については、このサイトの記事一覧 音楽家は語る(クラシック作曲家&演奏家の名言集)からご覧ください。

前置きが長くなりましたが、本日は指揮者の言葉です。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年10月18日

音楽家は語る−グレン・グールド、クラウディオ・アラウ、ゲンリヒ・ネイガウスほか、名ピアニストの言葉から

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

若きグールドの録音集:The Young Maverick(6枚組)商品写真前回は、若きグールドの録音集:the young maverick/le jeune original(6枚組)をご紹介致しました。

今日は、ネタがない!と思っておりましたら、いつものkenさんから(ブログ:《がたがたへりくつクラシック》へのリンク:へりくつなんてご謙遜もいいところで、おすすめです。わたしのブログがお恥ずかしい。。。 )、グールドの言葉で過去に引用したものについて、ご質問があったので、これ幸いとそれを挙げようかなと。

ジョン・P.L.ロバーツ編 『グレン・グールド発言集』商品写真グールドはモーツァルトを好まなかった?
私がモーツァルトを好きでないという言い方は間違いです。
モーツァルトには非常に惹かれる面がいくつかあります。彼の音楽には大きな柱を中心に据えた引き締まった構造があり、私はそれに感服しているのです。それから、曲の終結部の構造には類い稀なるものがあります。

敬愛するR.シュトラウスについて
シュトラウスは、メンデルスゾーンと同じで、完全主義者です。頼もしい職人肌の技巧が、少しですが、いつも必ず存在します。そして、ある種の和声的なステップがあって、決して方向を過たずに進む。いつも十全に機能しているのです。

ジョン・P.L.ロバーツ編 『グレン・グールド発言集』から p.202, 367

次は、グールドの書いたもっとも良い表現の一つと思います。折角と思って、手持ちの原書から原文で引用しました。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年10月15日

アルトゥール・シュナーベル著『わが生涯と音楽』を読んで 補足 − 素直に聴いて感じることとよく知ること

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

アルトゥール・シュナーベル著『わが生涯と人生』の商品写真昨日は、1882年のオーストリア生まれの往年の名ピアニスト アルトゥール・シュナーベル著『わが生涯と音楽』をご紹介しましたが、記事を挙げた後に、読み直して少し補足すべきかと感じました。

昨日の話だと、あの知識・この知識が付く、という面ばかりを強調しているかも・・・これが、その反省点です。

愛が出発点でなければなりません―音楽への愛が。愛はつねにある知識を生み出すが、いっぽう知識はただなにか愛に類似したものをまれに生み出すにすぎない、というのが私の最も強固な信念のひとつです。(p.209)

明瞭な言葉ですが、“愛”と言う言葉もさまざま手垢がついているので、上の言葉を必要以上に甘く感じて、詩的に想像を膨らませてしまったり、斜に構えて正面から取り合わなかったりとなってしまうかも知れません。

これに関するいわば一例で、本書第二部の質疑応答の中にもう少し具体的な会話がありましたので、少々長くなりますが、引用してみます。

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年10月14日

アルトゥール・シュナーベル著『わが生涯と音楽』を読んで − 往年の名ピアニストのおすすめ名著

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

アルトゥール・シュナーベル著『わが生涯と人生』の商品写真この三連休は如何お過越しでしたか?こちらはパソコンのハードディスクが壊れ、天気のいい三日間、外出もせず、行きたいコンサートも断念して、家で修復作業に追われておりました・・・

しかし、インストールやらコピーやらの途中途中に読書も進み、それなりに有意義な面も。最近、こちらの記事も「新譜のあれだ、これだ」と煽るような記事が多かったので、反省の意味も込めて、いつもの暢気な感想文を書こうと思います。

本日、ご紹介するのは往年の名ピアニスト アルトゥール・シュナーベル著『わが生涯と音楽』。表紙は、左上の写真では少々判別し難いですが、1933年 ウィーンのブラームス祭前の練習風景とのこと。左からヴァイオリニスト フーバーマン、チェロのカザルス、シュナーベル、そしてヴィオラに作曲家のヒンデミットです。(リンク先アマゾンで大きな写真でご覧になれます。)

これが実に面白い書籍で、大きな図書館ならば本書も置いてあるでしょう。未読でしたらぜひご一読をおすすめいたします。読後、シュナーベルについて俄然興味が湧いて、その録音をいろいろ聞いてみよう、聞き直そうとなってしまうのではないでしょうか?

タイトルが『わが生涯と音楽』と固いため、シュナーベルの人柄についてイメージがなかった私は、厳めしい内容と想像しましたが、さにあらず。・・・続きを読む

◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年09月19日

ちょっと久しぶりですが、音楽家の言葉から・・・作曲家・演奏家かく語りきであります

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録

Look4Wieck.comのトップ頁に、下の写真の灰色部分ですが(クリックすると写真が拡大致します)、『音楽家は語る』というコーナーがありまして、さまざまな書籍から作曲家・演奏家の言葉を引用して、ランダムでお見せしております。

20080919Ongakukahakataru.jpgこれが、あまり長くなって区切りにくいと引用が難しく、また、バランスよくいろいろなジャンルや人を思うと、これまた・・・という次第で中々進まないのですが(短い表現がうまいベートーヴェンやシューマンだけで100くらい行ってしまうのでは!?)、最近、ちょこっと更新致しました。

これで今現在、58冊の書籍から、155の言葉となっております。

Look4Wieck.comではランダム表示しており、いざ探そうとすると大変です。そこで今回挙げた五つの新しい言葉をこちらでご紹介!

・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 17:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年05月15日

昨日ご紹介した日本ヤナーチェク友の会発行のオペラ対訳本のご紹介です

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
昨日の記事でご紹介した日本ヤナーチェク友の会から発行されているオペラの対訳と解説について、わたくしの友人から、「実は自分もどんなものかわからないので買うのを躊躇していて、、、」というメールがありました。。。

ので!本日は安心感醸成のために写真でご紹介しようと思います。写真はクリックすると拡大されます(そんなにサイズが変わらない写真もありますがっ)。

ではまずは外観その1。

Janacek_size.jpg

比較対象に・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年03月27日

クラシック音楽愛好家の大先輩! 永井荷風(1879 − 1959)

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
永井荷風『ふらんす物語』の商品写真先日、Look4Wieck.comに永井荷風『ふらんす物語』其之貳という記事を挙げました。お時間あればごらん頂ければ幸いです!

これはいろんなところでクラシックという企画の小説やエッセイに取り上げられた曲というカテゴリーの記事で、毎月一つ挙げようと思いながら、前回の永井荷風『ふらんす物語』其之壱から9ヶ月も経ってしまうという・・・

私の読書好きの面を多少とも満足させたいという気持ちと、読書好きでまだクラシックを聴かない人に!という微妙な下心が合わさっております。

しかし、なかなか取り上げやすい本というと少ないものです。・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 17:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年03月06日

音楽家は語る − フルトヴェングラー、ブルックナー、ラヴェル、ベーム、リヒテル

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
Look4Wieck.comのTop頁にあります「音楽家は語る」のコーナー。作曲家・演奏家により興味を持つきっかけになればと、様々な著作から私が面白いなと思う言葉を選んでランダムで表示して居ります。Top頁を読み込む度に言葉が変わる仕組みです(よって、再読み込みすれば言葉が変わります)。

今ひとつ売れ行きがぱっとしない(らしい)音楽書籍への関心を喚起できればいいのですが・・・

選ぶ言葉は感心した言葉のごくごく一部ですし、そもそも切りが良くて引用しやすいものだけになってしまっています。心に残る言葉があれば、ぜひその書籍そのものを手に取っていただけたらと思います。

毎月追加しているというわけでもありませんが、今月は8つ追加致しましたので、それをこちらでご紹介致します。

まずはフルトヴェングラーに関する二人のピアニストの言葉・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年02月12日

新刊ご紹介!『作曲家◎人と作品 シューマン』を読みました

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
音楽之友社から刊行中の作曲家◎人と作品シリーズの最新刊、藤本一子著『シューマン』を読み終えました。今現在、日本語で手に入りやすいシューマンの標準的伝記も少ないので結構おすすめです。

さて、このシリーズ、どれか一冊ご覧になった方はご存知と思いますが、骨格を紹介すると200頁ほどの本文が伝記および主要作品紹介に当てられ、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 13:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
2008年01月16日

本日、リリー・クラウスの芸術 全30タイトル 発売開始です!− この機会にリリー・クラウスの書籍のご紹介など

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
先日のこのブログでもご紹介した全部で30タイトルあるリリー・クラウスの芸術がやっと本日発売開始です。クラウスの芸術シリーズの全容および私のおすすめ名盤については、リンク先の記事をどうぞ!、本日はリリー・クラウスに関する書籍について。
書籍『リリー、モーツァルトを弾いてください』Amazon商品写真あとがきを参照すれば、この書籍の著者多胡吉郎氏は元NHKディレクターだったそうです。雑誌にジャワで収監されていたリリー・クラウスが戦後ジャワ放送局のスタジオで・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名著ご案内!
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。