かるちゅーら・あにみの記事カテゴリ一覧
2008年05月05日

本日5月5日はハンス・プフィッツナーの誕生日です! − 名著&CDご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
本日5月5日ハンス・プフィッツナー Hans Pfitzner(1869-1949)の誕生日です。・・・と言っても、プフィッツナーって誰?となる場合が多かろうかと思います。。。という前提で書きますが、年代を見れば、マーラーの約10年後輩R.シュトラウスと殆ど同じ時代を生きたドイツの作曲家。

このブログでいままで取り上げたオーストリア・ドイツ圏の作曲家ですと、マックス・レーガーフェルッチョ・ブゾーニとも同時代です。
道下 京子・高橋 明子共著『ドイツ音楽の一断面』の商品写真プフィッツナーといいますと、ブルーノ・ワルターやワルター・ギーゼキングの激賞もあれば、フルトヴェングラーの賛否相半ばに揺れ動く感想などあちこちで耳にします。

いずれにせよ、20世紀に入って様々に変化を始めた音楽の潮流に対して、ドイツのロマン主義を守るという立場を取ったということで、時代に遅れになってしまった保守派という感想を抱いてしまいますが、この時代のオーストリア・ドイツの諸状況を考えると簡単にそうも言えない中々面白い状況が見えて来ます。

その点、簡単にまとめた記事がありまして、以前も紹介しましたが、プフィッツナーの歌劇《クリスマスの妖精》の日本公演のweb上の記事に寄せられた

 道下京子『プフィッツナーとロマン主義の悲劇』

を一度ご覧になられると概要はつかめるものかと思います。

ヴィスコンティ監督『地獄に堕ちた勇者ども』の商品写真第一次大戦の敗戦後のドイツの状況というものは、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年04月26日

昨日4月25日はチャイコフスキーの誕生日でした! − 気ままに関連書籍と幻想序曲《ロミオとジュリエット》&《くるみ割り人形》の名盤ご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
伊藤 恵子著『作曲家 人と作品 チャイコフスキー』の商品写真昨日は、4月25日はチャイコフスキー(1840-1893)の誕生日でした。最近、無理していろいろ調べているのに、ちょっと疲れましたので、気楽に最近気になったもの、気に入っているものを紹介しようかなと。

チャイコフスキーと言えば、2005年にだされた作曲家◎人と作品シリーズ『チャイコフスキー』が大変読み難いと評判になりました。

私もこのシリーズを常に買い続けていながら、その評判に、これだけは躊躇していたのですが、
これを機に確認!丁度読み終えましたので、感想を箇条書きで言うと、

  • 文章そのものは、電車ではきつく、ベッドでは寝やすいという読み具合。通常の三倍くらいに凝縮しすぎで、主語が抜けたりします。→いつもより時間をかけて読むべし!
  • 構成は、話があっちゃこっちゃに飛びますし、伝えたいポイントが時折明確でない時間を前後する際の説明がないので、混乱しやすいでしょう。→巻末の年表を先に読むか、常に確認しつつ読むべし!
  • と言っても、チャイコフスキーの手紙等々を引用してあって、結構、細かい諸事情は判りますし、買って読むのは全然損はない!→そーゆーことっ・・・でしょう、、、多分!

固い翻訳文の、、、ドイツ系の社会学のややこしいのとか読むよりはまし!

あとがきに、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年04月24日

一月ほどずれてしまいましたが、3月9日はムソルグスキーの誕生日だったのです vol.2 −ピアノ版《展覧会の絵》の名盤ご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
一柳 富美子著『ムソルグスキー 「展覧会の絵」の真実』の商品写真昨日は、一ヶ月遅れの3月9日はモデスト・ムソルグスキー(1839-1881)の誕生日企画で二冊の本をご紹介致しました。本日は、ムソルグスキーと言えば!の名曲の一つ《展覧会の絵》の名盤ご紹介です。

この曲については、昨日も触れましたように一柳 富美子著『ムソルグスキー「展覧会の絵」の真実』が大変詳細に解説して居ります。

繰り返しになりますが、これは60頁のパンフレットながら、伝記&諸作品紹介のバランスの取れた優れもの。頁数など関係なく、網羅する情報はさまざまで、各種の指摘も大変面白いものです。

いまでこそ有名ながら、1874年の中頃に作曲された後、ムソルグスキーの存命中には出版されず、また、生前に公式に演奏された記録もないこの《展覧会の絵》。

著者は一章を割いて、全てではないものの、元絵について図版もつけて説明・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年04月23日

一月ほどずれてしまいましたが、3月9日はムソルグスキーの誕生日だったのです vol.1 − 本日は名著ご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
一月ほどずれてしまったのですが、3月9日はモデスト・ムソルグスキー(1839-1881)の誕生日だったのです。といっても当時のロシアの話ですのでユリウス暦の日付、我々のグレゴリオ暦でいうなら3月21日

実は今日が誕生日というと同じロシアのプロコフィエフ(1891-1953)だったりするのですが、わたくし実はプロコフィエフってちょっと苦手かな〜というところで、さすがにこんなブログを書いているからには、「それもいかんだろ〜」と、英書なども幾つか買って来たところなので、、、今回はパス!!来年です。

金曜4月25日がチャイコフスキー(1840-1893)の誕生日でございまして、ムソルグスキーとばっちり同時代人ですので、この機会に取り上げるのは悪くないなっと(プロコフィエフもチャイコフスキーもやっぱりユリウス暦の話で2週間弱ズレます)。

さて、前置きはこの位で、今日はムソルグスキー関係の著作をご紹介!かなり面白い二冊です。

一柳 富美子著『ムソルグスキー 「展覧会の絵」の真実』の商品写真まずは、一柳 富美子著『ムソルグスキー「展覧会の絵」の真実』。ムソルグスキーの伝記と諸作品についてバランスよく紹介している本がなかなかないな〜と思っていたのですが、この書籍のあとがきを見ると

 ムソルグスキーとその時代に関する本格的な日本語文献は本書が初めてである

とのこと。そうすると、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 11:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年04月03日

一昨日、4月1日はフェッルッチョ・ブゾーニの誕生日!その2− 歌劇《ファウスト博士 Doktor Faust》

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
一昨日の4月1日フェッルッチョ・ブゾーニ(Feruccio Busoni 1866-1924)の誕生日でした。「また明日!」なんて書きながら、一日空けてしまいました。

さて、前回その人物について極x3簡単な説明と、書籍、ピアノ演奏について書きましたが、本日はブゾーニが未完のままに世を去った歌劇《ファウスト博士 Doktor Faust》についてです。

NaxosのYouTube公式チャンネルに、自社発売のDVD(下にご紹介するチューリヒ歌劇場のライブ)宣伝映像がありました。



長木誠司『フェッルッチョ・ブゾーニ オペラの未来』の商品写真何故これかと言うことは、深く考えないことにしました・・・が、思うに私がゲーテ好きでファウストだから&いろいろ曲調も変わって結構聴きやすく楽しめる&ブゾーニ本人にとって《ファウスト》は生涯オペラ化を希望していた作品などなど・・・・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年04月01日

本日4月1日はフェッルッチョ・ブゾーニの誕生日!その1− 名著とブゾーニ自身のピアノ演奏のCDご紹介です

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
4月1日フェッルッチョ・ブゾーニ(Feruccio Busoni 1866-1924)の誕生日です。

いつも通りの気楽なスタンスで、ブゾーニをちょっと聴いてみました!という体験談誘い掛けであります。

ちなみに左の映像は、アレクサンダー・ビルダウというピアニストの方がご自分のYouTubeチャンネルを作って公開しているものです。

*****

ブゾーニというと、自分に取ってちょっと不思議な人でした。1880代後半に数年ヘルシンキで教職を得て、若きシベリウスを励ましたり。バルトークに対してもそうです。

作曲家だけでなく、少年(青年?)期のR.ゼルキンヴァイオリニストのシゲティにも。

欧州各地に出没しては、さわやかに軽やかに決定的な影響を与えるように教え、励まし、去って行く・・・そんなイメージです。

オーストリア・ドイツ圏でのことですし、同時代人なので不思議なことはありませんが、幼い日にはリストにあったり、シェーンベルクと親しく、交流サークルにはツェムリンスキーや、ピアニストのシュナーベルも居たり。

ブゾーニを知ろうとしているわけではないのに、様々な音楽家の伝記や自伝を読んでいると、いろいろなところにひょんに顔を出すのです・・・・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月31日

本日3月31日はハイドンの誕生日!− websiteと交響曲のお薦めです

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
>3月31日フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn 1732-1809)の誕生日です。いつもの通り、さらっとたわいないおしゃべりで、お薦めのご紹介をしたいと思います。

・・・といいながら、ハイドンは中々お薦めが難しい・・・とここしばらく頭を悩ませて居りました。と申しますのも多くのジャンルで曲が多数なのがネックになりまして、、、

全集だとこれまた膨大なセットになるものですが、実際交響曲にしろ、四重奏にしろ、ピアノにしろ、曲数がここまで膨大だと全集の数も限られます。

そうなると、どれがいい?なんて話もややこしくならず、ネット上の視聴や価格で簡単に決められるかなと。

では単売なり小規模なセットでいうと、、、結構、どれも良い演奏で普通に聴く分であれば、逆にハズレって少ないんじゃないかと思います。ハイドンから初めてクラシックを聴くってことも意外とないでしょうから、いま気に入っている演奏家なり、指揮者で選べば、特に問題は無かろうな・・・と。

まぁ、こんなこと言ったら、ほとんどそういうものかも知れませんね!

*****

ドラティ指揮 ハイドン オペラ集 Vol2(10枚組)の商品写真では、ちょっと変わったところでオペラ《月の世界》、、、これがなんだか、私などが聞いていると、今どきの漫画のSF風味のラブ・コメディという気もしてくる結構面白い作品!(←ゆるいっ)

今のところCDは・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 02:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月26日

昨日3月25日はベラ・バルトークの誕生日!− 今回は2/2でピアノ協奏曲第3番の名盤のご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
昨日はバルトーク(1881 - 1945)の書籍について書きましたが、本日は好きな曲を取り上げて、その名盤・推薦盤を簡単にご紹介しようと思います。

その曲はピアノ協奏曲第3番。バルトークがピアニストであった妻ディッタの為に書いた曲で、最後の十数小節をオーケストレーションの指示を残したまま世を去りました。

先鋭的な現代音楽家バルトークというイメージで聴くと(ほんの?)ちょっと意外に思う曲でもあって、書法的にも − 私はそういう専門的なことは門外漢ながら − 実際古典的と言える要素があるそうです。

その点、バルトークが苦手と思う方にもかえって聴きやすいかも知れません(昨日、最後の曲と書いたのはちょっと言い過ぎで、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月25日

本日3月25日はベラ・バルトークの誕生日!− 今回は1/2で名著のご紹介ですっ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
アガサ・ファセット著『バルトーク晩年の悲劇 』の商品写真バルトーク(1881 - 1945)というと初めて聴いた頃から好きで、きっと好きだからこそ、メジャーで重要な音楽家だ!なんて思っている(単純な)私です。

そんな話を知人・友人とすると「わたしも!」という声も勿論あれば、「あんまり・・・」ですとか、「バルトーク聴く人はあまり居ないよ」という声もやっぱり耳にすることが多いです。「へーそうなんだー」と思う体験です(サンプリングの範囲が狭い!)。

このブログをお読みの好楽家の皆様には「そんなことはない!その人が知らないだけだ!」とお思いになられる方もあるやも知れません。

とは言え、べートーヴェンほど聴かれているとはさすがに言えないでしょうし、例えば「バッハ、モーツァルト、べートーヴェンが好き!」という方が毎月1枚ずつ大切に聴いて、時々コンサートに行ってという場合、10年経って「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ、やっと聴き終えそう!」となるのかなとか・・・そんなこんなをざっくりと考えると、「バルトークは普通聴かないよ」とおっしゃる方の意見も、自分ではそんなに不思議にも思わず「へーそうなんだなー」と!

そうそう、わたしの友人の中に「何事も打楽器的な取り扱いをしている感じがして苦手」と言う者も居て、「そういうものばかりでもないよ!聴いてみようよ〜〜〜」と誘いながら、半面「まーそう感じてもしょうがないか・・・」などと思ったりもします。

私も単に素人の横好きで聴いているだけなので、音楽史上の意義がどうのこうのなど言える訳もなく、単にふと思い出してしまう曲がバルトークという程度の話です。

*****

・・・という次第で、バルトークが苦手だったり、バルトークは聴いてないなぁという方々にちょっと興味を持っていただけるきっかけになればいいかな・・・今回の記事の趣旨はそんなところです。二回に分けて、本日は書籍のご紹介です。

*****

バルトークの曲を聴くと、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月21日

本日3月21日はJ.S.バッハの誕生日!− 無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータの名盤ご紹介です

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
本日3月21日はヨハン・セバスチァン・バッハ(1685−1750)の誕生日。といっても、これもユリウス暦の話だそうです。グレゴリオ暦ですと3月31日が誕生日(換算には、換暦というwebツールを使用致しました。)。昨日のラフマニノフの記事でも書いたことですが、日付だけに従って居ります。

世界史を思い出すと、グレゴリオ暦の制定は1582年なのでバッハの生まれる前では?と思うところですが、導入は各国まちまち。ヨーロッパ内でもカトリック教会が制定したものなので、プロテスタント諸国がなかなか導入しなかったりという事情もあったそうです。

バッハの伝記には大概触れられている事柄ですが、生地チューリンゲンのアイゼナッハはマルチン・ルターが匿われたヴァルトブルグ城がある土地で、当然プロテスタント諸侯国。ドイツのプロテスタント諸侯国でのグレゴリオ暦の導入はバッハが生まれて数十年ほどで行われたようです。

・・・ちょっとしたトリビアでありました。

*****

さて、バッハは作曲数が多い上に名曲も多く、どれを取り上げるか悩むところです・・・先日、横山幸雄さんの新譜をご紹介したゴルトベルク変奏曲 BWV988にしようかな、、、友人の結婚祝いの贈り物候補にしている無伴奏チェロ組曲 BWV1007-1012も(私の力では全然ない!ですが)面白い形で取り上げているし(ちなみにもう一つの候補はべートーヴェンのピアノソナタ全集です)、、、その他 鍵盤楽曲だけでもあれこれありますし、宗教曲ならミサ曲 ロ短調 BWV232かな、オルガン曲(Look4Wieck.comで意外性のない記事をちょろっと書いてます)、、、うーーん、、、

・・・ということで、えいやっ!と無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータに致しました。

最初にバッハを聴き始めるといったら、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 16:52 | Comment(10) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月20日

本日3月20日はラフマニノフの誕生日!− ピアノ協奏曲第2番の名盤ご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
3月20日はセルゲイ・ラフマニノフ(1873−1943)の誕生日。といっても、これはユリウス暦の話で、我々がいま使っているグレゴリウス暦でいうと、4月1日1月6日のスクリャービンの誕生日でもあった問題(?)です。となると本来4月1日に記事を書くべきで、3月20日という日付だけに合わせるのも妙なのですが、その点はご容赦を!

昨日は、(大変)歯切れの悪いご紹介でしたが、本日は私の好み(=偏見)全開で、しかも、ピアノ協奏曲第2番と参りましょう!

ピアノ協奏曲第2番については、『のだめカンタービレ』の漫画やドラマですっかり広まって、この曲についてのイメージが多々あるかと思います。

「もっと美しく、ロマ〜ンティックに・・・」

「音楽に没頭しろと言ってマス!」

「人を緊張の糸で縛りつけて、いきなり横殴りするようなピアノの序奏から
繊細ながらも力強い・・・心臓を突き刺すようなアルペジオ
そして、オーケストラの大津波 ― 」

・・・というイメージは『のだめ』を読むまで、実はこの曲に持ったことはありませんでした。作曲をした当時のラフマニノフの苦悩の逸話などは聞き及んでいましたが、都会的でちょっとドライで洒落てるなーといった印象の(鈍い)私でした。そんなこんなはさておき、「そうだったっけ???」なんて思いながら久しぶりに聴くきっかけになる・・・が重要なのでしょうねっ

この曲を聴き始めた録音で、そして、いまでも結局聴いてしまうものが影響しているのかも知れません。

RCA ラフマニノフ録音全集(10枚組)の商品写真と言えば、ご想像がつく方もいらしゃるかも知れません!・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月19日

本日3月19日はマックス・レーガーの誕生日! − 弦楽四重奏曲、クラリネット曲、モーツァルトの主題による管弦楽変奏曲とフーガ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
今週は誕生日続きですが・・・本日3月19日はマックス・レーガー Max Reger(1873 - 1916)の誕生日

暴飲暴食、タバコ( パイプ?)中毒で、変奏曲が得意で、オルガン曲をやたらに書いて、自ら演奏者・指揮者としても忙しく活躍して・・・私もそんなイメージ程度で、聴き始めようと思うまで時間が掛かりました。

とは言え、まだそれほど聴いているわけでもなく、あくまで「こんな私でも聴きはじめてはいます!」というお話程度です。

レーガー好きの方には、いつにもましてやわな内容ですので、その点はお赦しください!

さてさて、レーガーの曲と言うと、これまた「イメージが掴み難い・・・」と、私などはそう感じてしまいます。

Böhm: Maestro Decente (10枚組)の商品写真40そこそこで亡くなっていますが、上のmovieの様なオルガン曲、比較的有名(そう)な管弦楽で言うと例えば、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 13:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月07日

本日3月7日はモーリス・ラヴェル(1875-1937)の誕生日です!− ヴァイオリン・ソナタの名盤&名著ご紹介

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
本日3月7日はラヴェルの誕生日。ラヴェル関連の書籍と云うと、私も二冊しか読んで居らず、一つは弟子のロザンタール著『ラヴェル―その素顔と音楽論』、いま一つは昨日ちょっとご紹介致しましたアービー・オーレンシュタイン著『ラヴェル 生涯と作品』

マニュエル・ロザンタール著『ラヴェル―その素顔と音楽論』の商品写真前者は日々の交流から生まれた書籍ですから、普段のラヴェルのちょっとした仕草のようなものが見えて面白いですし、後者は標準的な伝記として、当時の他の音楽家との交わりや詳細な作品解説が面白いもの。どちらもお薦めの書籍です。

ロザンタールの著作から回想を一つ引用致します。およそ30歳ほど年の若いロザンタールはラヴェル宅に通って作曲を教わって居ましたが、やはり先生ラヴェルは時々大変厳しくなる。宜しくないと判断した課題を破いて暖炉に放り込むといったこともしばしば。

弟子も弟子で若気の至りだったかも知れませんが、ある時、そんなこんなに耐えきれずついに部屋を飛び出してしまいます。

こんな失礼なことをしたからには、もう二度と・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年03月01日

本日3月1日はフレデリック・ショパンの誕生日です! − 名盤のご紹介 練習曲 Op.10&25・前奏曲 Op.28

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
本日、3月1日はフレデリック・ショパンの誕生日です。『作曲家◎人と作品シリーズ ショパン』によると、生地の教会には2月22日に洗礼という記録があるそうですが、ショパン自身が3月1日としている由。

ショパンが故国ポーランドを去ったのは若干二十歳の1830年11月初頭。その月末にはワルシャワ蜂起が起きて、ロシア軍が鎮圧に動き、ポーランドの国難はさらに深まります。こういった状況において、旅立つショパン、そして彼を送り出した友人らがどんな思いで居たか、その後それぞれがどういう思いで苦難を乗り切ったのかは、とても簡単には想像し難いことだとそう思います。

*****

コルトー演奏 ショパン作品集の商品写真ショパンの名盤というと、コルトー、ルービンシュタイン、フランソワ、ポリーニアルゲリッチ、抜粋ながら素晴らしいリヒテルその他数々の名前、さまざまなスタイルが浮かんで来ます。その中からどれについてご紹介しようと・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 14:09 | Comment(8) | TrackBack(1) | 作曲家の誕生日です!
2008年02月23日

本日2月23日はヘンデル(1685-1759)の誕生日です − 名盤・名著のご紹介など!

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
ヘンデルと言うと、長らく自分にとって、学校の音楽室の肖像画の印象程度でしたが、興味を持って聴きはじめたきっかけは、メニューインの言葉です。

デイヴィット・ダバル編『メニューインとの対話』の商品写真ヘンデルを録音した後は、いつも浄められたように感じます。ヘンデルは健康的な音楽です。不健康な音楽と何日間過ごしても、彼の音楽と共に一日過ごせば、再び健康を回復することができるのです。ヘンデルは基本的な人間の感情、清純、善良、愛や怒りなどのごく普通の感情を我々に与えてくれます。(中略)

私たちはヘンデルの時代から遠く隔たっています。当時は、比較的単純な感情の時代でした。その頃に我々の時代のような心理的葛藤があったとは考えられません。

デイヴィット・ダバル編『メニューインとの対話』

メニューインが言うように、「比較的単純な感情の時代」なのかどうかは、例えばヘンデルの後半生の舞台となったダブリンの文豪スウィフト − いささか極端な例かも知れませんが − を考えれば、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 19:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
2008年02月10日

昨日2月9日はアルバン・ベルクの誕生日!− ながら、軽くスルーしてしまいました

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
実は昨日2月9日はアルバン・ベルクの誕生日(1885〜1935)だったのですが、軽くスルーしてしまいました。←するなっ!

実は、ベルクってちょっと苦手で・・・なんかアイディアが出てこず・・・

Sviatoslav Richter in Portraitの商品写真とは言え!一晩経って、さすがにそれも悪いか・・・と思い直しました。わたしが気に入っている2つの録音を気軽にご紹介したいと思います。ベルクが苦手な人にはうまく作用するかも???

一つ目は、リヒテルと友人のヴァイオリニスト オレグ・カガンとが参加したベルクのピアノとヴァイオリンと弦楽合奏のための室内協奏曲。CDは、・・・続きを読む
◎作曲家や演奏家の名前から他の記事を探すには:
作曲家から探す / 指揮者から探す / ピアニストから探す / ヴァイオリニストとその他の演奏者から探す / その他の記事(売れ筋ランキングやコンサート評etc)を見る

◎ご紹介した曲や本のジャンル(交響曲かピアノ曲か、伝記か自伝かetc)から探すには:
曲や書籍のジャンルから探す

タイムリーな記事のご購読にはRSSが便利です。
RSS 1.0(RDF Site Summary) / RSS 2.0 / はてなアンテナ
posted by sergejO at 15:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲家の誕生日です!
Top / 記事一覧:作曲家別 / 指揮者別 / ピアニスト別 / ヴァイオリニストとその他の演奏者別 / その他の記事
Copyright© 2007-2009 sergejo_look4wieck.com All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。